« すいせんの香りに誘われて | トップページ | 小野上温泉 »

楽天地天然温泉 法典の湯

すっかり体が冷え切ってしまい、温泉に立ち寄ることにしました。武蔵野線で西船橋から一駅乗った、船橋法典駅から徒歩5分くらいにある、法典の湯にしました。

2008011410

入浴料は750円と思ったよりも高くありません。いわゆるスーパー銭湯プラスアルファぐらいだろうとあまり期待はしていませんでした。さすがに連休最後でかなり混んでいました。内湯は普通のお風呂やミルク風呂のようなお風呂になっていました。

外へ出ると、天然温泉の浴槽があります。中に入ると、茶色で結構鉱物臭のするお湯。かなり濃そうです。この手のお湯は、熱めは避けて、ぬるめにゆっくり浸かるのがいいですね。熱めに入ると、すぐに体が熱くなってしまいます。お湯で顔を洗ったら、ひりひりします。肌の弱い人は避けた方がいいでしょう。やはりよく温まるお湯でした。

寝湯はお湯がほとんどなく、下の石が熱くなっています。その上に寝るのですが、結構気持ちいい感じ。この日は寒い日だったので、熱い天然温泉のお風呂から出て、クールダウンするのにぴったり。これは、ちょっと気に入りました。

お湯から出て、成分表を見ると、ナトリウム-強塩化物泉で、成分総計はなんと32gを越えています。十分に療養ができる温泉です。埼玉の百観音温泉と少し似た感じのお湯ですね。加水しているものの、これが掛け流しのお湯なのですから、なかなか素晴らしいお湯です。

自分はわざわざ2回乗り換えないといけないので、再訪するかは?ですが、近くの人にとっては比較的安価で入れる、いい温泉施設でしょう。なかなかの素晴らしいお湯でした。

« すいせんの香りに誘われて | トップページ | 小野上温泉 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

中山の帰りに良さそうですね(笑)。

うちひしがれて心も体も懐も寒くなった時にここに寄れば少しは幸せになれるかも。ボクはまったく知りませんでした。機会があったらボクも寄ってみようと思います。

komadoさん、こんにちは。

入浴料が結構安くて駅からも歩いてそうたいした距離ではないし、人が多いのがちょっと難点ですが、やはり、いい温泉だと思います。塩化物泉なので、温まった後もなかなか冷めにくいですよ。特に寒いこの時期には最高です。確かに中山の帰りには、いいでしょうね。自分はやらないので縁がないですが...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽天地天然温泉 法典の湯:

« すいせんの香りに誘われて | トップページ | 小野上温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ