« 鷹場の湯 | トップページ | 要害山から芦垣尾根 »

柏木野から生藤山

先週月曜日は柏木野から生藤山へ歩いてきました。

2008021101

小さな橋を渡って取り付きます。

2008021102

トレースがありましたが、登るにつれてかなりの雪になります。グループらしき足跡は途中で諦めたのか、戻ったようで、その先は一人ぐらいの足跡しかありませんでした。眺めのあまりない尾根で、ひたすら登り続けます。途中、足跡の人はピークを巻いたらしく、足跡がないところがあり、そのまま直登したら、ふとももの半分くらいまで雪のあるラッセルになりました。

2008021103

連行峰までなんと3時間もかかる始末。

2008021104

雪のある明るい尾根は気持ちいいですね。

2008021105

生藤山は小さなピーク。前に来たときのことなんてすっかり忘れているなぁ。かなりお年を召したご夫婦の方がいらっしゃいましたが、80歳記念、という紙を持って記念撮影されていました。果たして自分が80歳の時、こんな雪山に来られる元気があるのかなぁ。。。

2008021106

この時間では、さすがに富士山も霞んでいました。上川乗まで行くつもりでしたが、3時のバスに間に合いそうもないので、諦めてバスの多い石楯尾神社に下ることにしました。

2008021107

三国峠はここでしょうか。小さな祠がありました。

2008021108

佐野川峠には古い道標がありました。いつ頃のものなのかなぁ。

2008021109

バス停に行きますが、まだバスまでだいぶあります。石楯尾神社にお参り。

2008021110

右側の狛犬。

2008021111

左側はこんな感じ。個人的には右側の方が好きかなぁ。この後は沢井入口まで歩いて、誰も乗っていないバスで上野原に出ました。

« 鷹場の湯 | トップページ | 要害山から芦垣尾根 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして 時々火星人様の所などでお名前は拝見しております。

万六尾根 実は私は昨日歩いてきました。
リブル様は先週のようですが リブル様のものと思われる足跡しっかり残されておりました。ブログの二枚目の画像のピークへの登り 私もラッセル強いられました。

万六の頭には立ち寄りませんでしたか??こちらも一人分の足跡のみ残されてました。

いっきさん、いらっしゃいませ。

万六尾根、自分は初めての歩きだったのですが、思った以上に歩きがいのある尾根ですね。樹林の中で眺めがずっとないのもまた静かな登高のできる尾根で貴重だと思います。あの尾根、それほど歩く人は多くないので、まだ残っているのかな?まだあのピークでラッセルでしたか。

途中の祠には寄りましたけど、万六の頭には自分は立ち寄りませんでした。というか出発が遅かったので余裕があまりありませんでした。やはり早起き、早立ちが基本ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏木野から生藤山:

« 鷹場の湯 | トップページ | 要害山から芦垣尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ