« 高尾山花散歩1 | トップページ | 城山かたくりの里 »

高尾山花散歩2

2008032307

コチャルメソウもこんなにたくさん咲いていました。

2008032308

アズマイチゲもよく咲いていました。今回はうなだれずにちゃんと咲いているぞ。

2008032313

ちょっと露出が明るすぎて失敗に近い写真になってしまいました。でも、これだけ咲けば文句なしですね。

2008032309

これはタチツボスミレですね。色が薄めですね。

2008032310

ミミガタテンナンショウみっけ!

2008032311

やっぱりナガバノスミレサイシン。典型的なタイプですね。

2008032312

これも迷ったけど、ナガバノスミレサイシンでしょう。かわいいという言葉がぴったりなスミレでした。

« 高尾山花散歩1 | トップページ | 城山かたくりの里 »

お花」カテゴリの記事

コメント

高尾山は、多彩な花の山と言うのを先週末行って実感しました。
リブルさんの写真綺麗に撮れていますね。
小さな花は難しいです。
スミレはとても覚えきれません、なので、最近は全部スミレで・・
そろそろ、タカオスミレが咲きますね(^^)

すいません、行かれたのは日曜日ではなく土曜日だったのですね。土曜日は久しぶりに本当に天気が良かったですね。
日曜日は爽快な青空とはいかなかったのがちょっと残念でしたが。

高尾山のお花、すっかりはまってしまいました。
小さな花は本当に難しいです。今回、久しぶりに1日で約130枚ぐらい撮ってしまいました。選んでますので、実は失敗写真も多いんですよ。

自分もスミレは初心者です。図鑑をいくつも見比べながら、ああでもない、こうでもない、と迷うことが多いです。
去年、ヒカゲスミレは見たのですが、タカオスミレは見ていないので、一度は見たいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山花散歩2:

« 高尾山花散歩1 | トップページ | 城山かたくりの里 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ