« 館山野鳥の森 | トップページ | 早春のお花 »

栃木三峰山

金曜日はお休みが取れたので、栃木に出掛けました。

2008022901

星野御嶽山入口から歩き出し、林道をしばらく歩きます。やがて林道は終わり、急な登りになります。しばらく登れば、地蔵や祠があります。首をかしげているのは、珍しいですね。いつ頃のものなのでしょうか。

2008022902

登っていきますが、日陰は雪が溶けたものが凍って、軽アイゼンが必要でした。三峰山の三角点は眺めのない藪の中でした。

2008022903

採石場があり、危険なため立ち入り禁止の表示をかいくぐり、わずかに行った所からは日光連山がよく見えました。しかし、このあたりは発破があるので、本当に危険です。そのうちに秩父の武甲山みたいに山頂まで削られちゃうのでしょうか。

2008022904

道は剣が峰を巻きますが、わずかに登れば、剣が峰の山頂でした。しっかり祠がありました。

2008022905

奥の院からは下の町などが見えます。結構高度感がありました。

2008022906

さすがに信仰の山。祠がたくさんある中をかなり急な石段で下って行きました。

短いですが、ちょっとした修行をしたような気分になりました。

« 館山野鳥の森 | トップページ | 早春のお花 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
なんて珍しい仏様なのでしょうか。
どんなことを考えているのでしょうか。
なんか私好みの山域です~。
なんか心が洗われそうです。

Mineraさん、こんにちは。

首をかしげているのは、本当に珍しいですよね。木曽御嶽山の信仰を引き継いでいる、なんて話もある山ですから、何か特別なものがあるのでしょうか。

里山みたいな雰囲気で登り始めましたが、思ったよりも結構登りがきついです。時間的にはそれほどかかる山ではないですけど、しっかりのアップダウンで思ったよりも歩きでがありました。車利用なら、そんなに不便ではありませんし、採石場が広がって、無くなる前にぜひどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木三峰山:

« 館山野鳥の森 | トップページ | 早春のお花 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ