« 高尾山花散歩2 | トップページ | 三毳山 »

城山かたくりの里

城山湖からのんびりと丘陵コースを歩いて、「城山かたくりの里」に下りました。まだ早いかなと思っていましたが、予想以上にかたくりが咲いていてびっくり。やはり暖かい気温のせいでしょう。

入園料は300円です。開園時間は午前9時から日没まで。写真を撮るには早い時間がいいのですが、あまり早く行っても開いていないので注意が必要です。バス利用の場合は4月6日まで橋本駅から直通バスがあるようです。それ以外の時期は橋本駅から三ヶ木行きに乗り、城山役場入口で下車し、20分ほど歩く必要があるようです。

2008032321

左はユキワリイチゲも右はキクザキイチゲでしょうか。と思ったものの、やはり葉を見るとスハマソウとミスミソウにも思えてきました。ご存じの方がおりましたら、教えてください。あまりにも色がはっきりしているので、外国のお花かと思ってしまうところでした。(^^;

2008032324

とにかくたくさんのかたくりが咲いています。

2008032322

アオイスミレも見つけちゃいました。

2008032326

白いカタクリも咲いていました。

2008032329

まだ開いていないのもあります。一つのカタクリの花は一週間ぐらいしか持たないようですね。

2008032330

黄色のカタクリも咲いていました。30万株の中で3千株だそうです。見頃の時期は通常のかたくりよりも若干遅いようです。

2008032331

自分が気に入ったのは、この薄紫のキクザキイチゲ。健気に咲いている、という感じではありませんか。

2008032327

ミツマタも見頃ですね。

2008032328

これはミツマタの園芸種のようですね。

2008032332

フクジュソウの原種だそうです。

2008032333

ショウジョウバカマはかなり大型で色は薄め。やはり尾瀬などの山で見る小柄のものの方がいいですね。

とにかく、たくさんのお花を堪能できて楽しい時間を過ごせました。

« 高尾山花散歩2 | トップページ | 三毳山 »

お花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城山かたくりの里:

« 高尾山花散歩2 | トップページ | 三毳山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ