« 栃木三峰山 | トップページ | お散歩高尾山 »

早春のお花

3月の声を聞けば、春のお花の季節ですね。

2008030301

まずはマンサク。黄色の毛が付いたような花は何か不思議な感じです。

2008030302

見ただけで何も言えなくなる、セツブンソウ。そこかしこに咲いていますが、とても貴重ですね。山の向こうには採石場が迫っています。そのうちに山が崩されたら、ここも無くなってしまうかもしれません。

2008030304

ロウバイも咲いていましたが、もう終わりなのかな。それでも、まだ香りがありましたよ。

2008030305

激写!!!って、ちょっと違うか。

2008030306

フクジュソウもしっかり咲いていますよ。黄金色の花は素晴らしいですね。

2008030307

オオイヌノフグリもこんなに咲いているんですね。

2008030308

時間が余ったので、また見に行っちゃいました。夕方近い時間でしたが、地元の方がせっせと道脇を整備していました。こういう方達の努力があってこそ、また、花が守られるのですね。

« 栃木三峰山 | トップページ | お散歩高尾山 »

お花」カテゴリの記事

コメント

マンサク、セツブンソウにフクジュソウ。最近は寒い日が続いたとはいえもう春の花咲く季節になってしまったのですね。

ボクにとってはもうひとテンポ遅れて咲くシュンランがスタートとなることが多いのですが今年もそうなりそう。なのでセツブンソウはリブルさんの写真で楽しませてもらうことになりそうです。

komadoさん、こんにちは。

やはり花がたくさんあると、いいものですね。梅は蕾が多かったけど、わずかに咲きかけていた木もありましたよ。

実はシュンランも自分は見たことないんです。前は花に興味がなかったから単に気が付かなかっただけなのか、本当に見ていないのかは分かりません。でも、この時期はどちらかというと前は春にばかり行っていたので、きっと見ていないんだと思います。komadoさん、見つけたら写真見せてくださいね。

房総でタチツボスミレを見掛けましたが、自分はスミレの季節が待ち遠しいです。今年もまた高尾山に出掛けようと思っていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春のお花:

« 栃木三峰山 | トップページ | お散歩高尾山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ