« 高尾山へスミレを探しに1 | トップページ | 見沼代親水公園から舎人公園 »

高尾山へスミレを探しに2

先週は、あまり天気が良くなかったですが、出掛けました。

2008041201

歩き出すとのっけからツツジがよく咲いていました。

2008041202

桜と芽吹き。今年は寒かったり、暑かったり、忙しいので、微妙な感じですね。

2008041203

いまだにコチャルメソウを見ることができました。結構咲くと長いのかな。

2008041204

ヤマルリソウもまだ咲いていました。

2008041205

マルパスミレは咲き始めのようです。

2008041206

やっぱりヒナスミレ。

2008041207

やはりいつまでも咲いていて欲しいものですね。

2008041208

班入りのヒナスミレもありました。

2008041209

もちろん、タカオスミレもしっかり咲いていますよ。かなり咲いていました。

2008041210

薬王院横のシダレザクラもまたきれいです。

2008041211

ツツジが満開。みなさん写真を撮りまくりでした。

2008041212

一丁平あたりの桜も満開。お花見の人達が多かったです。後もう少し、晴れてくれたらと思いました。

« 高尾山へスミレを探しに1 | トップページ | 見沼代親水公園から舎人公園 »

お花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山へスミレを探しに2:

« 高尾山へスミレを探しに1 | トップページ | 見沼代親水公園から舎人公園 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ