« 城山かたくりの里 | トップページ | 三毳山のスミレ »

三毳山

先日三毳山に行ってきました。もちろん目当てはカタクリ。

初めての東武佐野線で佐野へ。1時間に1本しかなく、なんと土曜日10時台は1本もない、というローカルぶり。おかげで佐野駅へ着いたのは11時30分近くでした。佐野駅からは市なのか、観光協会か分かりませんが、無料のバスでかたくりの里へ。土日は30分に1本、平日は1時間に1本程度運行です。ただし、カタクリの時期だけで不定期なので、利用を考えている場合は佐野市観光協会に確認した方がいいと思います。今載っている情報だと4月6日まで運行になっているようです。

2008032902

なんと今年初の水芭蕉が咲いていました。尾瀬が恋しくなりますね。

2008032904

お昼を回って、少し曇ってしまったのですが、それでも、こーんなに咲いてます。

2008032905

もちろんアズマイチゲも咲いてますよ。

2008032906

カタクリとの競演。

2008032908

カタクリをたっぷり堪能してから青竜ヶ岳へ。ぼんやりしていましたが、袈裟丸山とか皇海山方面の山を見ることができました。右奥は日光の山かな。中岳へは思ったよりも結構細かいアップダウンがあります。道路に何度も出るのが今ひとつ。

2008032910

中岳では、今日もヒオドシチョウをしっかり撮れました。

2008032911

桜がきれいでした。

2008032915

かたくりの園に向かうとニリンソウが咲いていました。

2008032916

やっぱり桜の季節はいいものですね。

2008032917

かたくりの園は一番いいときかも。本当にカタクリが素晴らしい場所でした。もうちょっと天気が良ければというのは贅沢な願いかも。

楽しい超低山の歩きでした。

« 城山かたくりの里 | トップページ | 三毳山のスミレ »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三毳山:

« 城山かたくりの里 | トップページ | 三毳山のスミレ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ