« 塩船観音のツツジ祭りと霞丘陵 | トップページ | 奈良倉山から坪山へ1 »

シダクラ沢左岸尾根から湯久保尾根

27日(日)は奥多摩の御前山を歩いてきました。

2008042701

バス停を惣岳で下車します。こんなところで下車するのは自分ぐらいだなぁ。

2008042702

シダクラ尾根左岸尾根はかなり厳しい登りがあります。ここでバランス崩して落ちたら、シャレにならなさそうな感じの所もあります。さすがに踏み跡も不明瞭です。

2008042703

ナガバノスミレサイシンがよく咲いていました。

2008042704

ヒナスミレでしょうか。雨の後のせいか、半透明な感じが良かったです。

2008042705

エイザンスミレももちろんあります。

2008042706

点々とカタクリが咲いています。天気が今ひとつ悪いせいか、花開いているのは少なかったです。

2008042707

山頂近くでは、アブラチャンが咲いていました。

2008042708

湯久保尾根に入ると、霧。不安にさせてくれます。

2008042709

エイザンスミレがよく咲いていました。

2008042710

鑾野御前神社。オオカミをかたどった石像がとってもかわいいですね。

2008042711

結構見掛けるお花。園芸品種だと思うのですが、何の花なんでしょうね。

2008042712

新緑の季節はいいですね。対岸を走り去るバスを見てがっかり。結局、1時間近く余計に車道を歩いて、払沢の滝入口まで歩くことになりました。

« 塩船観音のツツジ祭りと霞丘陵 | トップページ | 奈良倉山から坪山へ1 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんはー。
御前山にいってらしたのですね。私も過去二回行きましたが、どうもここはきつくて、2回とも筋肉痛で悩まされました・・・(笑)
ところで、HPのTOP画像、イワカガミは今年のですか?
やはり坪山にはあるのですね・・・混雑覚悟で行かなきゃデスね・・・

cyu2さん、こんにちは。

確かにどの登山口でも御前山はそれなりに標高差があるので、しっかり登らないといけないですね。

29日は奈良倉山から坪山へ歩いてきました。まだ写真が整理できていないのですが、イワウチワにヒカゲツツジ、ミツバツツジ、そしてイワカガミもしっかり咲いていましたよ。
なかなかの花の山でした。イワカガミは咲いているのは、まだわずかでこれからです。ぜひ、どうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シダクラ沢左岸尾根から湯久保尾根:

« 塩船観音のツツジ祭りと霞丘陵 | トップページ | 奈良倉山から坪山へ1 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ