« 三毳山のスミレ | トップページ | 御岳山のスミレ »

御岳山と大岳山

土曜日は御岳山と大岳山に行きました。信号機トラブルなどで電車が遅れていて、予定より遅くなったのですが、電車の中で見たことある人を見掛けたと思ったら、自分と同じ古里駅で下車したのは、なんとhillwalkerさんでした。しかも行き先が一緒とは!途中までご一緒することになりました。鉄五郎新道から登り、大沢山を経由して、御岳山へ。大岳山を往復してから裏参道を鳩ノ巣駅へ下りました。

2008040501

まずは登山道の入口にヤマエンゴサク。自分はこんな方向から撮ったことないので、ちょっと不思議な感じでした。

2008040502

ヒカゲツツジはまだほとんど蕾ですね。

2008040503

自分はまったく気がつかなかったのですが、hillwalkerさんに教えて頂きました。花の名前も教えて頂いたのですが、鳥あたまのために、すっかり右から左にぬけちゃっています。アセビでよかったのでしょうか。

2008040504

ダンコウバイも咲いていました。

2008040505

カタクリも咲いてます。でも、まだわずかに早かった模様。どちらかというと蕾のものが多かったです。

2008040506

人家付近にはアズマイチゲ。植えられたものかどうか分かりませんが、なかなかきれいです。

2008040507

ミヤマキケマンもかろうじて咲いていました。

2008040508

ヨゴレネコノメは咲いてから時間が経っているようですね。

2008040509

ハナネコノメも見つけましたが、これも終わりかけのようです。

2008040510

里へ下りると、ハナニラが良く咲いていました。(人家の庭なので、植栽ですね。)

2008040511

最後は、やっぱり桜でした。まだ少し早い感じなのは、やはり寒いからでしょうね。

2008040512

ということでうひょひょのイワウチワ。

2008040513_2

言うことナシの素晴らしい山歩きでした。

« 三毳山のスミレ | トップページ | 御岳山のスミレ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

お早うございます、初めまして。フクシアと申します。
6日に鉄五郎新道を登った際にお二人で歩いていた方でしょうか?広沢山を10時45分頃通過しましたか?
私はその広沢山の手前で一人の男性に追い越されましたが。広沢山でオレンジ色のシャツを着た方を少し待っていましたよね?私は二人の女性の仲間が登って来るのを広沢山で
待っていました。
イワウチワの群生には感動しましたね。そういえば二番目の群生地でお二方を最初に見かけたのでした。歓声を上げていましたよね。実は私達も大歓声を上げてしまいました。

城山のカタクリの里は有名になりすぎて昔のと言っても30年程前の話ですが、知る人ぞ知る・・・感じでとても静かでしたが今は賑やか過ぎるくらいですね。以前のような散歩序でにという訳にはいかなくなりました。今年は友達を招待しましたがかなり喜ばれましたが。

又お邪魔させていただきます。私も温泉大好きです。

フクシアさん、はじめまして。
初めて書き込んで頂いたのに、レスが大変遅くなって申し訳ありません。

自分はあまり時計を見ていなかったのですが、おそらくそのぐらいの時間に通過していると思います。オレンジのシャツであればたぶん自分ぐらいですね。

自分も本当に感動ものでした。まさかこんなにすごいとは思っていなかったです。
一緒に歩いて頂いたhillwalkerさんによると、前よりも増えたとのことでした。普通の人なら、やっぱり驚きますよね。

かたくりの里は30年以上前からあるんですか!
そんなに歴史があるとは知りませんでした。素晴らしい所ですね。何度でも足を運びたくなりました。

では、どうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御岳山と大岳山:

« 三毳山のスミレ | トップページ | 御岳山のスミレ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ