« 大蔵沢から大蔵高丸1 | トップページ | 快晴の日光半月山ハイク1 »

大蔵沢から大蔵高丸2

1からの続きです。

2008050408

これだけ広い景色を見ると、気持ちいいですね。

2008050409

左の方を見ると、遠くの突起は大岳山でしょうか。

2008050410

天下石。結構大きいですね。またここに来ることができました。

2008050411

アケボノスミレがたくさん咲いている所がありました。

2008050412

なんか妙なスミレを発見。登山道の脇のせいか、ちょっと土が付いちゃっています。葉はエイザンスミレのようです。でも、花の色がエイザンスミレにしては珍しい色だと思います。

2008050413

でも、横から見ると、距が長い。普通、エイザンスミレって、もう少し丸いような気がします。隣はタチツボスミレだし、若干、影響を受けたエイザンスミレなのかなぁ。

2008050414

コンドウ丸のあたりは、フジザクラがよく咲いてきれいでした。

2008050415

本の通り、忠実に曲り沢峠からコタカノス沢へ下ります。コンロンソウでしょうか。

2008050416

ヒトリシズカはやはりいいですね。

2008050417

林道に出る寸前には「スミレ」だと思いますが、咲いていました。

2008050418

林道に出れば、新緑と日差しがまぶしい歩きでした。

2008050419

アスファルトのすき間から生えていた「スミレ」たくましいですね。いつまでも頑張れよ。

2008050420

komadoさんのお勧めなので、「田野の湯」に入浴しようと思っていったら、日曜・祭日はお休みで入浴できず。その上、滅多にない甲斐大和行きのバスまで逃して、踏んだり蹴ったり。でも、途中で美味しい蕎麦を食べて、のんびりと新緑の中を駅まで歩きましたので、それはそれで楽しい一日でした。

« 大蔵沢から大蔵高丸1 | トップページ | 快晴の日光半月山ハイク1 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大蔵沢から大蔵高丸2:

« 大蔵沢から大蔵高丸1 | トップページ | 快晴の日光半月山ハイク1 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ