« 快晴の日光半月山ハイク1 | トップページ | 日光中禅寺湖温泉 湖畔の湯 »

快晴の日光半月山ハイク2

>1からの続きです。

2008050610

半月山の頂上は樹林の中で、眺めのないピークでした。最近、こういう地味なピークが減ったので、自分は逆に嬉しい感じです。でも、駐車場から登ってきたと思われる、子供連れなどで、人は意外に多かったです。

2008050611

半月峠に向かった所の展望台から見る、広大な素晴らしい景色。しばらく眺めていました。

2008050612

気持ちのよい唐松と笹の尾根を下ります。

2008050613

やっぱりアカヤシオ。

2008050614

阿世潟峠から湖畔に降り立った所からの男体山。今日はいったい男体山を何回見たことか。

2008050615

湖畔道を歩いていると、さらにアカヤシオ。本当にいい一日でした。

« 快晴の日光半月山ハイク1 | トップページ | 日光中禅寺湖温泉 湖畔の湯 »

登山(尾瀬・日光)」カテゴリの記事

コメント

青空に映える景色、アカヤシオ素晴しいですね。
男体山や女峰山はまだ登っていないので是非登りたいと思っていますが、やはりこの時期はアカヤシオですか!栃木はシロヤシオもかなり見られますよね。

リブルさんの後に行った坪山ですが、岩カガミが丁度見頃で凄かったです。あんなに咲くとは想像を遙かに超えていました。五葉ツツジも咲いていたんですよ!そして諦めていたヒカゲツツジは場所によってですがまだまだ見られる所が残っていました\(^o^)/ お陰様でラッキーな一日でした。

フクシアさん、こんにちは。

アカヤシオ、間に合わないかと思っていましたが、予想外に咲いていて、素晴らしい景色と合わせて堪能出来ていい山行でした。場所によってはまだ蕾だったりしました。
日光の山はいずれにしても登るのはそれなりに結構大変な山が多いですが、やはり登ってみれば、素晴らしい山々だと思います。

坪山はイワカガミが多いみたいですね。先日が初めてだったので、そんなに咲いているとは知らなかったのですがフクシアさんのページで見て、また今度、行ってみたくなりました。ヒカゲツツジも間に合って良かったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の日光半月山ハイク2:

« 快晴の日光半月山ハイク1 | トップページ | 日光中禅寺湖温泉 湖畔の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ