« 奈良倉山から坪山へ1 | トップページ | 大蔵沢から大蔵高丸1 »

奈良倉山から坪山へ2

1からの続きです。

西原峠の手前から左へ入り、坪山を目指します。途中、巻き道を進んでしまいました。

2008042909

だいぶ遠い道になってしまいましたが、新緑のきれいな道を歩けました。

2008042910

ナガバノスミレサイシンがこれでもかと咲いています。

2008042911

ミツバツツジがきれいでした。

2008042912

飯尾への道を分岐し、そこからまた歩きにくい巻き道が続きます。ようやく細い尾根に出ると、ヒカゲツツジにミツバツツジのツツジ三昧でした。

2008042913

山頂で休憩し、下りに入るとイワカガミが咲き始めていました。

2008042914

まだイワウチワも見ることができました。

2008042915

急いで下りすぎ、バスまで1時間待ちになってしまいました。臨時バスがびりゅう館からあるとのことでしたので、のんびり歩きます。三頭山はやはり良い眺めでした。

« 奈良倉山から坪山へ1 | トップページ | 大蔵沢から大蔵高丸1 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
鉄五郎新道以来のコメントですが殆どお邪魔をしていますよ。
岩カガミがもう咲いているのですか、実は明日坪山周辺を歩く予定ですのでとても参考になりました(^^♪
 
ヒカゲツツジもまだ大丈夫かしら?実はまだ坪山のヒカゲツツジを見た事がないのです!三年程前に行った時にはもう終わっていたのでした(>_<) 

フクシアさん、こんにちは。

すいませんコメントはしていないのですが、フクシアさんのページも見せてもらっています。
西上州のアカヤシオ、うらやましいですね。

イワカガミは咲き始めだったので、そろそろいい感じになっているのではないでしょうか。
ヒカゲツツジはだいぶ散り始めていたので、昨日から今日にかけて雨もふりましたし、かなり見頃は過ぎてしまっているかもしません。
でも、きっとまだ残ってはいると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良倉山から坪山へ2:

« 奈良倉山から坪山へ1 | トップページ | 大蔵沢から大蔵高丸1 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ