« 日光中禅寺湖温泉 湖畔の湯 | トップページ | 連行峰鎌沢尾根からトヤド浅間 »

天覚山から大高山

日曜日は疲れが取れなかったのですが、ごく軽い山歩きがしたくなって、久しぶりに奥武蔵の山に出掛けました。

2008051801

東吾野駅で下車して歩き出します。だいぶ前に歩いたことがあるのですが、伐採後だったらしく道も不明な所がありましたが、今はだいぶ植林も伸びたようです。沢コースと尾根コースの案内もありました。沢(沿い)コースを選択しました。

2008051802

地味な登りが続きます。谷にはシャガがよく咲いていました。

2008051803

登り着いた所にはヤマツツジが咲いています。

2008051804

白いツツジが咲いています。最初、シロヤシオかと思いましたが、花が大きくて形も違うみたいだし、ちょっと違う種類のようですね。

2008051805

久しぶりに来た天覚山。だいぶ木が切られたせいか、眺めの良い山頂になっていました。残念ながらぼんやりした山水画の世界で、写真にはほとんど写りませんでした。

2008051806

そんなに長くはないけれど、しっかりアップダウンが連続する尾根歩きです。登山地図でも1hになっていて、実際歩いたのも1h。このあたりにしては結構きつめのタイムのようです。大高山は静かな樹林の中のピーク。思ったよりも人に会って、意外に歩く人がいるようです。

2008051807

急な道を下って林道に降り立つと、ここにも白いツツジが咲いていました。でも、植栽みたいな感じでした。

2008051808

時間的には子の権現まで行けそうでしたが、軽い山歩きで終わりたかったので、吾野駅へ下ります。途中にはやはりシャガがたくさん咲いていました。3時間と本当に短い山歩きでした。

« 日光中禅寺湖温泉 湖畔の湯 | トップページ | 連行峰鎌沢尾根からトヤド浅間 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天覚山から大高山:

« 日光中禅寺湖温泉 湖畔の湯 | トップページ | 連行峰鎌沢尾根からトヤド浅間 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ