« 岩手・宮城内陸地震 | トップページ | 浅草岳 »

飯士山

先週は金曜日に振休をもらったので、越後の山に出掛けてきました。

まずは飯士山。越後湯沢駅から歩き始めます。

2008061301

橋を渡って、登山道から登り始めます。

2008061302

ヤマツツジがよく咲いていました。蝶が蜜を吸っていたのですが、さすがにレンズを交換している暇はなく、わずかに写せただけでした。青色が見えるのでカラスアゲハあたりでしょうか。

2008061303

途中からはいい眺めが広がります。向こうは谷川連峰かな。

2008061304

岩原スキー場分岐から山頂を見ます。

2008061305

あまりお花はないと思っていましたが、アカモノがしっかり咲いていました。

2008061306

山頂からはやっぱり良い眺め。下は湯沢の町並み、向こうは苗場山の方かなぁ。

2008061307

山頂にはたくさんの蝶がかなりのスピードで舞っていました。キアゲハかな。

2008061308

あんなに晴れていたのに、雲が来たなと思ったら、あっという間に暗くなって雨まで降り出す始末。さすが越後の山。天候の急変の仕方がしゃれにならないスピードです。タニウツギがよく咲いていました。

2008061309

岩原スキー場は昔、スキーで来たことがあるなぁ。人のいない草の多いスキー場を下っていけば、キクがたくさん咲いていました。

この日は小出まで行って駅前のビジネスホテルに泊まりました。

« 岩手・宮城内陸地震 | トップページ | 浅草岳 »

登山(越後)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
飯士山はカタクリの時期には山一面に咲いて見事らしいですが何時行っても良さそうな山ですね。あちらの方の山は黄葉時も鮮やかな色でとても奇麗で良いですよね。そして温泉も良いですし。
スキー場で咲いていた菊ってマーガレットの事かしら?


フクシアさん、こんにちは。
あの山はカタクリがたくさん咲くのですか。

確かに紅葉の時期も楽しめるでしょうね。10月半ばぐらいになれば雪山の眺めも楽しめるでしょうし。
下山地に温泉があるのがいいですね。自分は越後湯沢では時間のあるときは、いつも少し遠い、「山の湯」に入っています。
今回もそこまで足を伸ばしました。硫黄の香りのするお湯で気持ちいいですよ。ただし浴場が暑いですが。

はい、図鑑でも見てみましたが、咲いていたのはフランス菊ですね。日本でいうマーガレットのことだと思います。最近はこの花が山奥まで入り込んでいるそうな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯士山:

« 岩手・宮城内陸地震 | トップページ | 浅草岳 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ