« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

那須温泉

今週は疲れたので山歩きはお休み。ということで、本日はいつもの那須湯元へ。

K3100003

いつもの鹿の湯なので、紹介は省きますが、山麓から那須湯元までそこかしこに山百合が咲いています。大型の花はやはり夏のお花ですね。今日はカメラは持っていなかったので初めて携帯で撮ってみましたが、思ったよりもきれいに撮れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

越後のお花その3

平ヶ岳山行で見たお花達。

2008072130

タテヤマリンドウ。こんなに咲いているのを見るのは尾瀬以来です。

2008072131

なぜかキスゲがぽつんと一つだけ咲いていました。

2008072132

ハクサンコザクラがたくさん。でも、咲いてから時間が経ったのか白い点が付いてしまっているものが多かったです。

2008072133

これはその中でも比較的きれいでした。

2008072134

チングルマはすべて果穂でした。

2008072135

なぜかまだイワカガミが咲いていました。

2008072136

ゴゼンタチバナもよく咲いています。

2008072137

オオバキスミレですね。

2008072138

キバナノコマノツメですね。今年また見られるとは思いませんでした。

2008072140

ヒメシャクナゲもあったのですが、ちょっと遠かったのでアップに出来なかったです。尾瀬でよく見たお花ですがかわいいので好きなお花です。

2008072139

ベニサラサドウダンの赤色がとても印象的でした。

歩いていてお花は少ないと思いましたが、こう見るとそれなりに咲いていますね。あまりきれいには撮れなかったので載せていませんが、シャクナゲやコメツツジも咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久恋の山 平ヶ岳

まだ山歩きを初めて1年目くらいの時、尾瀬の燧裏林道を歩き、樹林の中を出て開けた下田代あたりから眺めた残雪の残る平ヶ岳がずっと記憶に残っていました。それからも何度か燧裏林道を歩きましたが、平ヶ岳は遠い山で、計画しては天気が悪かったりして歩いたことがありませんでした。今回、ようやく歩くことができました。

2008072101

初日は鷹ノ巣へ入るだけ。浦佐駅からバスに乗り、奥只見へ。船に乗り継ぎます。

2008072102

尾瀬口から予約のバスに乗り、鷹ノ巣で下車します。清四郎小屋のキャンプ場にテントを張りました。(1000円でした。)

2008072103

翌朝は5時30分に出発。そんなに急ぐ必要はないのですが、できるだけ涼しいうちに登ってしまった方が良いと考えました。下台倉山までの登りは本当にきつい。これは台倉山へ向かう尾根道です。

2008072104

くもっていましたが、蒸し暑いせいか、水蒸気が多く、燧ヶ岳もシルエットでした。

2008072105

台倉清水はうまい水。でもちょろちょろです。場合によっては涸れそうです。写真は白沢清水。こちらは溜まり水で流れておらず、非常時以外、とても飲める水ではありませんでした。

2008072106

姫の池への登りもこれまたきつい。蒸し暑いなか長丁場の登りの上に、久しぶりのテント泊のザックの重さでへばりました。

2008072107

姫の池は本当に素晴らしい場所です。池が広がっていました。

2008072108

山上湿原は本当に素晴らしい場所です。もう少し天気が良ければなぁ。

2008072109

山頂へ向かうと、途中にはワタスゲがたくさん咲いていました。

2008072110

ようやく着いた平ヶ岳の三角点。低木に囲まれた場所で天気が良くても眺めはありません。

2008072111

三角点からさらに先に木道が伸びています。そちらにも湿原が広がっています。劔ヶ倉山方面にも道が伸びていますが、通行止めの表示がありました。積雪期縦走で歩かれているのではないかと思われます。

2008072112

テントを張ったあと、玉子石に向かいます。途中にもやはり大きな池がありました。

2008072113

この景色が見たかったのです!!!

2008072114

しかし、一瞬のうちに、右の方からガスがやってきてこんな状態に。やはり自然はドラマを見せてくれました。

2008072115

夕方から雨が降り出しました。夜まで降り続いていましたが、いつの間にか寝てました。朝に目覚めると止んでいましたが、霧でした。山頂までまた登ります。

2008072116

同じ道を下ります。今日も天気は今ひとつ。

2008072117

今日は燧の頭は雲の中。

2008072118

下へ下ると天気が良くなり、ものすごい暑さ。日差しも強くて、じりじりと焼けます。ところどころある木陰で休憩しながら下りました。

2008072119

清四郎小屋に戻り、蕎麦とビールを頼みます。あの時の蕎麦とビールの味は一生忘れられないでしょう。入浴は無理かと思ったら、もう一人下ってきた人がいて、バスが来る前に入浴ができました。(400円でした)

バスに乗って、尾瀬口から船で奥只見へ。途中からは荒沢岳をよく見ることができました。

2008072120

一番後の席を確保し、一人、いつまでも山を眺めていました。やはりいい山でした。

テント場は数張り程度しかできません。自分はグループの人に教えられて、少し上の沢側のよい場所を確保できました。水は雪渓の雪解け水が十分に流れていて、それなりに雪のある年であれば、この時期は問題ないでしょう。トイレがないのでインパクトを考えて、持って帰るのにはちょっと抵抗がありましたが、自分は携帯トイレを使いました。装備をよく考えて行く必要がありますね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

子連れ鹿の猛進に遭った帯那山

日曜日は雷雨が心配だったので、比較的に軽く歩ける帯那山を目指しました。

2008071301

山梨市駅で下車して、朝一番の山梨市営バスで戸市まで入ります。もちろん、乗客は私一人でした。

2008071303

しばらく進んだ所に登山口があり、そこからは元は林道のような登山道が続きます。樹林の中で眺めもなく、淡々とした道が続いていました。

2008071304

ウツギが咲いていました。今年はよく見るなぁ。

2008071305

頂上直下まで林道が来ていて今ひとつですが、まったく人に会わないので静かでいい感じ。山頂からはなんとか富士山を見ることができました。写真だと本当に薄くしか写りませんね。

2008071307

ここが山頂なの、って思うような所に標柱がありました。

2008071309

あまり見たことがない花、と思って後で調べたらミヤコグサのようです。

2008071310

奥帯那山へ行ってみると、そこに三角点がありました。こちらにも帯那山の表示。このあたり一帯を帯那山と呼ぶようなので、いずれも間違いではないようです。

2008071311

今年初めて見たアザミ。ノアザミですね。

2008071312

さらに先へ多少藪のある尾根を歩いて、弓張峠へ。まだ時間が早すぎるので、水が森を往復することにしました。山頂近くにはコアジサイがよく咲いていました。

2008071314

弓張峠のあたりにはシモツケが咲いています。

2008071315

樹林の中を歩き、昇仙峡に向かいます。

2008071317

長い林道歩きになりましたが、茅ヶ岳方面の良い景色を見ることができました。

で、ここまでは良かったのですが、能泉湖の近くまで来るとハエが集まっていて、見るとなんと鹿の死体が。どうやら車に引かれたようです。まだ腐乱していなかったのでそれほど前の事ではなさそうです。走って通り過ぎます。

そして、林道をさらに歩いて、能泉湖に出ます。湖岸の道を歩いていると、鹿が2頭前を逃げていくではありませんか。しかも一頭は少し小さく、どうやら子鹿のようです。おいおい子連れかよ。そこでひらめきました。そう、あの倒れていた鹿とおそらく家族なのではないかと。

前の方に逃げていくので、そちらへ行くと観光客のいる方なので、もしかしたらこちらに戻ってくるのではないか、と思ったら、やっぱり、こちらに向かってくるではありませんか。しかも血相変えた感じで、ものすごいスピードで向かってきます。自分よりも体が大きい上に、40Kmぐらいは出ているのではないかと思われる猛スピードで向かってくるのですから、もし体当たりされたら大怪我は間違いなく、下手したら死ぬことだってあるでしょう。うわー、こりゃまずいよ。気が動転します。

でも、意外に冷静に道の端に避けてあげると、少し離れた所を猛ダッシュして駆け抜けていってくれて、一安心。後を振り返ることなく、そのまま歩いて、湖の展望台のあたりまで行くと、車で来た観光客などがいて、本当に安心しました。

後は、暑い林道をまた長く歩いて、昇仙峡へ。仙が滝滝上バス停からバスに乗り込みました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

陣馬山から高尾山

日曜日もやっぱり暑かった。そんな時に陣馬山から高尾山まで歩いてきました。

2008070601

あまり下調べしなかったので、1時間に1本の陣馬高原下行きのバスを乗り逃し、高尾駅のマクドナルドで時間を潰すはめに。今日は新コースをとります。

2008070602

アカショウマが咲いています。花付きがいいせいか重いのかな。

2008070603

ヤマホタルブクロをよく見掛けます。

2008070604

陣馬山では今年もウツボグサ。

2008070605

何本もネジバナを見掛けました。

2008070606

当然、霞んでいて眺めはほとんどありませんでした。

2008070607

このシジミチョウはなぜ動かないのかなぁ。おかげでゆっくり写真を撮れました。

2008070608

景信山からも山水画の世界ですね。

2008070609

オオバギボウシもこの暑さで咲き始めたようです。まだ蕾の方が多いですけどね。

2008070610

暑さでへとへとになって、高尾山に着きます。こんな暑さでも観光客が多いですね。1号路を取るとビアマウントの誘惑に負けそうなので、久しぶりに6号路を下ります。沢沿いで涼しいかと思いましたが、逆に蒸し暑かった感じでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

府中浅間山と六道山

土曜日は本当に暑かったですね。早起きできず、里山歩きに行きました。

2008070501

まずは府中浅間山。京王線東府中駅からバスに乗って、浅間山公園入口で下車します。ツユクサやホタルブクロがよく咲いていました。

2008070502

気持ちの良い道を歩き、人見四郎の墓跡には石碑が立っていました。

2008070503

蒸し暑い中、歩いていけば、堂山の山頂。もちろん、誰もいませんでした。この後はキスゲ橋を渡って、墓地の中を通り、西武線の多磨駅に出ました。やはり、この山はムサシノキスゲの山。5月頃、また来たいですね。

次は立川駅からバスに乗って、横田バス停で下車します。途中、若干渋滞したこともあって、20分の所、40分近くかかりました。

2008070504

カタクリの湯を横目でみて、六地蔵へ向かいます。近くではオカトラノオがよく咲いていました。

2008070505

暑い、暑いを連発しながら六道山公園へ。さすがにかなりの蒸気で山水画の世界でした。少し先にはアジサイがよく咲いていました。高根山遊歩道から一等三角点峰へ。今は樹林の中の静かな山頂です。もう4時30分を過ぎて会う人もなく、お伊勢山遊歩道を歩いて、箱根ヶ崎へ出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子国土ポータル

電子地図のお話。

今まで国土地理院の地図閲覧サービスを利用されていた方も多いでしょう。もちろん今でも利用可能です。

ただ、7月1日から新システムに移行した模様で、いままでPNGファイルがダウンロードできましたが、Javascriptに変わったらしく、ファイルダウンロードができなくなっているようです。

新たに電子国土ポータルというページにリンクが張られ、こちらで地図の閲覧ができます。拡大・縮小もでき、プレビュー付きのプリント機能もあります。プラグインをインストールすれば作図機能も使えるようです。

拡大・縮小が自在で、かつ、地図の継ぎ目もないので、印刷に反映されるのは結構便利だと思います。今まで地形図4枚に渡るような場所の山でもまったく問題がなくなります。

また、地形図を買おうと思っても、最近はかなり大きな書店に行かないと売っていない場合も多いし、例え地形図を置いてある書店でも、あまり売れない場所だと在庫がない場合もありますが、そんな時にこれを印刷すればよさそうですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »