« 越後のお花その3 | トップページ | 船窪岳から烏帽子岳 »

那須温泉

今週は疲れたので山歩きはお休み。ということで、本日はいつもの那須湯元へ。

K3100003

いつもの鹿の湯なので、紹介は省きますが、山麓から那須湯元までそこかしこに山百合が咲いています。大型の花はやはり夏のお花ですね。今日はカメラは持っていなかったので初めて携帯で撮ってみましたが、思ったよりもきれいに撮れました。

« 越後のお花その3 | トップページ | 船窪岳から烏帽子岳 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

ホント!携帯カメラじゃないみたいにキレイです!
影信山でもオニユリ?見かけました。でっかいですね~。

「鹿の湯」ってあのにごり湯の鹿の湯ですか?
わ~いいな~!私も以前一度だけ行きましたが素晴らしいですね!もう地球のチカラ頂きますっって感じがしました。
ただ、私が行ったときはGWだったので脱衣カゴがないくらい混んでまして・・・
ゆっくり入ってみたいものです。大好きな雰囲気でしたし。

ん?リブルさん那須に近いんですか?お住まい????東京ですよね?

cyu2さん、こんにちは。
今の携帯は買ってから結構経つのですが、カメラはほとんど使ったことがありませんでした。
合コンとかする年齢でもないですしね。(笑)

もちろん、東京23区内の熱帯地方に住んでます。
この時期の温泉は暑い、というイメージで意外に空いているものです。
でも、那須高原というぐらいですから、意外に温度は高くなく、普通に入れるので、
疲れた時には避暑を兼ねて出掛けるのですよ。
今回も空いていて、ゆっくり入れました。
一番熱い湯の隣の浴槽がお気に入りなのですが、47度って言ってました。
ちょこっと足が痛い感じになりましたが、それがまた良かったりするんです...。(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須温泉:

« 越後のお花その3 | トップページ | 船窪岳から烏帽子岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ