« 守門温泉 青雲館 | トップページ | 府中浅間山と六道山 »

電子国土ポータル

電子地図のお話。

今まで国土地理院の地図閲覧サービスを利用されていた方も多いでしょう。もちろん今でも利用可能です。

ただ、7月1日から新システムに移行した模様で、いままでPNGファイルがダウンロードできましたが、Javascriptに変わったらしく、ファイルダウンロードができなくなっているようです。

新たに電子国土ポータルというページにリンクが張られ、こちらで地図の閲覧ができます。拡大・縮小もでき、プレビュー付きのプリント機能もあります。プラグインをインストールすれば作図機能も使えるようです。

拡大・縮小が自在で、かつ、地図の継ぎ目もないので、印刷に反映されるのは結構便利だと思います。今まで地形図4枚に渡るような場所の山でもまったく問題がなくなります。

また、地形図を買おうと思っても、最近はかなり大きな書店に行かないと売っていない場合も多いし、例え地形図を置いてある書店でも、あまり売れない場所だと在庫がない場合もありますが、そんな時にこれを印刷すればよさそうですね。

« 守門温泉 青雲館 | トップページ | 府中浅間山と六道山 »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちは。
私も地図閲覧サービスを利用してきましたがプリントが出来なくなってやむなく電子国土を利用するようになりました。
はじめは使いにくいと感じていましたが、慣れてくるとけっこう便利ですね。
ただ、印刷の範囲が画面と違っているので、いちいちプレビューしてからまた微調整を繰り返して印刷の範囲を決めているのですが、その点がちょっと不便に感じています。

たぬきせんべいさん、こんにちは。

自分はごく最近電子国土ポータルを知りました。
印刷ができるのはいいですが、確かにプレビューですこしずれますよね。
まあ、これからのバージョンアップに期待ですね。

こんにちは!
なんと!以前のものが使えなくなるというのは
なんとなく知っていたのですが、
やはり、そちらからダウンロードしていた新ハイ井の頭支部作成、ハイキングマップもやはり使えなくなっていました!!

簡単なハイキングはこの新ハイさんのものをかなり有効活用していたので、困ったもんです。
新しい電子国土ポータブルはまだよく使っていないのですが
磁北線と緯度経度線はでないのでしょうか?

やはり、自分で地形図を購入して、仕込みの緯度経度線をいれなくてはいけないようです。

リブルさん、横から失礼します。
Mineraさん、初めまして。
「磁北線と緯度経度線」のことは考えたこともなかったのですが、GPSを使う関係でしょうか?
私はGPSを使ったことがないのでよくわからないのですが・・。
私の場合、過去に購入した地形図を使うことはあっても、新たに購入することは無くなりました。

Mineraさん、たぬきせんべいさん、こんにちは。

必要な時には地形図には自分で磁北線を書いちゃいますので、あまりそのような必要性を感じないのですが、あれば便利ですね。

調べるとカシミール3Dというソフトで、電子国土の地図を読み込み、地図を画像で保存したり、磁北線や緯線経線を設定したりできるようです。
暇な時にでも今度試したいと思います。コメントだとリンクにできないのですいませんが、ページのアドレスを直接書きます。

概要の説明ページがありました。→ http://sapporo.cool.ne.jp/shinri/text/kashmir.htm

カシミール3Dのページ → http://www.kashmir3d.com/index.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子国土ポータル:

« 守門温泉 青雲館 | トップページ | 府中浅間山と六道山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ