« 古書のお手入れ | トップページ | 霧ヶ峰のお花達 »

のんびり霧ヶ峰散策

夏の終わりになるとなぜか霧ヶ峰や美ヶ原に行きたくなります。しかし、美ヶ原は秋のバス運行はなし。通年運行の霧ヶ峰を目指します。

一番電車に乗って上諏訪から朝一番のバスに乗ります。霧ヶ峰インターチェンジで下車。歩き出すとブンブンと機械音。何かと思ったら、地元の人達が草刈りをしている所でした。

2008090701

あまり天気がよくありませんが、まあこんなものでしょう。終わりかけのようなヨツバヒヨドリがたくさん咲いていました。

2008090702

今日の目的地の一つ、コロボックルヒュッテ。手塚さんの本を読むと立ち寄りたくなりますよね。

2008090703

ヒュッテ前からの眺め。写真には入れてませんが、右に車山があり、遠くの起伏の所を歩くことになります。高原牛乳は思ったほど濃くなく、ちょうどいい感じでした。

2008090704

車山には登らず、巻き道を歩いていくと、予想外に天気が良くなっていきます。

2008090705

車山乗越から山彦谷の耳を目指します。南の耳から北の耳にかけての稜線が遠くに見えていい感じでした。

2008090706

南の耳から北の耳へは少し登らされます。それでもたいしたことはなく、北の耳に到着。ちょっと露出に失敗して明るすぎますね。

2008090707

ゼブラ山の表示のある場所。男女倉山の方が親しみのある名前のような気がしますね。

2008090708

車山が随分遠くに見えました。左は北の耳ですね。

2008090709

湿原は回らず、奥霧小屋から左に曲がってヒュッテ御射山へ。しかし、ヒュッテ御射山は営業しておらず、シャッターも固く閉じていました。インターチェンジへの道を少し登った所から振り返ると、悪くない景色が広がっていました。遠くには八島湿原、左の山は鷲が峰でしょう。

2008090710

途中で左に曲がればインターチェンジバス停に戻れましたが、そのまままっすぐ歩いて霧ヶ峰バス停へ。上諏訪行きのバスは15分ほど前にいったばかり。少し歩いて強清水バス停へ。木陰で涼しい風に吹かれながら持ってきた本を読んで待っていましたが、だんだん黒い雲が来ましたので停留所で待ちます。ようやくバスが来て乗り込むと雨が降り出し、雷雨になりました。駅まで出たらもうぽつぽつ程度の雨になっていて、ほとんど降られずに済みました。

2008090711

今回はいつもの精進湯へ。以前にも紹介済みですので説明は避けます。→精進湯

しっかり温まって帰りました。

|

« 古書のお手入れ | トップページ | 霧ヶ峰のお花達 »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんわ。
そうか美しの方はバスが夏期だけなんですね。もう何遍もいってるけど今夏は不安定で予定していたところがほとんどパーになってしまいまして、これはお盆の遠出ができないもんだからお盆の天気が悪くてもいいやーと自分勝手なことを思っていた報いかも(笑)。

霧ヶ峰も実はその一つでした。お写真を拝見すると人出があまりないようにも感じますけど実際はどんなものでしたか?ニッコウキスゲが目当てだとかなり混むし秋口の方がいいのかな?と思っているもので。。。

投稿: komado | 2008年9月 9日 (火) 22時37分

komadoさん、こんにちは。

美ヶ原、前もマイナーコースでいいお花を見つけたので、今回も狙っていたのですが、
前はあった10月の運行が今年は無くなってしまいました。
タクシー行き帰り利用は一人だときついですね。

ひとけのないコースを選択したのですが、本当に人が少なかったです。
車山乗越から八島湿原のコースに出るまでは、一人として会いませんでした。
特に八島湿原近くはだいぶ道に笹藪がかかっていて、これじゃ踏み込む人は少ないなという感じでした。
やはり9月に入れば自家用車も含めて人が減るみたいで、八島湿原と車山を除けば比較的静かなようですよ。

投稿: リブル | 2008年9月 9日 (火) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のんびり霧ヶ峰散策:

« 古書のお手入れ | トップページ | 霧ヶ峰のお花達 »