« 笠取山から石保戸山2 | トップページ | 神田古本まつり »

丹波山温泉 のめこい湯

帰りは丹波山温泉のめこい湯に入ることになりました。

2008102535

昔、仮設の小さなプレハブの浴場の頃に入ったことがありますが、あの頃も硫黄の香りのするいいお湯でした。大きくなって、たぶんお湯は荒れてしまったろうと思いながら入ります。入浴料は600円だったかな。その日は和風のお風呂が男性でした。

浴場に入るとわずかに硫黄の香りが漂います。内湯は2つに別れていて、普通のお風呂とジェットバスが付いているお風呂の二つ。あまり時間がなかったので、とりあえず普通のお風呂に入りますが、ちょうどいい温度のほとんど透明なお湯です。かなりぬるぬるしていますが、塩素臭や循環臭はまったくないお湯。掛け流しになっているようです。お湯もたっぷりと流れています。ちょっと飲みたいなと思いましたが、止めておきました。

石造りの露天風呂はこの日は少し寒かったせいか、お湯がぬるめ。時間がなかったので早く熱くなりたかったのですぐに出て内湯へ。でも腰掛ける所があって、火照った体を冷ますことができたのは良かったです。

成分表は見ませんでしたが、chiyomiさんが調べてくれた情報によると単純硫黄泉で、泉温は43℃、湧出量160L/分、PH9.6だそうです。

建物もきれいで、お湯は素晴らしい。時間が7時頃までしかやっていないようなので、車の人は注意でしょうか。奥多摩駅からなら丹波行きバスで約1時間弱です。ただし、バスの本数はそんなに多くないので前もって十分調べる必要があります。

いい温泉でした。ここはぜひ、また行きたいですね。

« 笠取山から石保戸山2 | トップページ | 神田古本まつり »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹波山温泉 のめこい湯:

« 笠取山から石保戸山2 | トップページ | 神田古本まつり »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ