« 笠取山から石保戸山1 | トップページ | 丹波山温泉 のめこい湯 »

笠取山から石保戸山2

1からの続きです。

2008102512

山頂からHgさんルートで下ります。途中からは素晴らしいカラマツの紅葉。

2008102513

水干の前にはなかなかきれいに紅葉した木が。

2008102514

ポタポタと多摩川の最初の一滴が。でも、写真には写らなかったようです。

2008102515

また雁峠分岐へ戻ります。燕山方面が大きく見えます。

2008102516

林道らしき山道を石保戸山に向かいます。この写真はちょっと色強調してます。(^^;

2008102517

これでもかときれいな道が続きます。しばらく紅葉の写真をお楽しみください。

2008102518

2008102519

2008102520

2008102521

2008102522

2008102523

2008102524

石保戸山へはかなりの急登です。

2008102525

久しぶりの石保戸山頂。去年の初夏、かずさんと来た時の事が思い出されます。入口のヤブが伸びてましたが、山頂はほとんど変わっていないようです。

2008102526

防火帯を新犬切峠へ向かいますが、これがまた素晴らしい紅葉の道。久しぶりにハッとするような赤色に会えました。

2008102527

まだまだ犬切峠は遠いです。

2008102528

すごくいろいろな色のあるカラフルな紅葉です。

2008102529

オレンジがあでやか。

2008102532

途中の木には熊棚が。

2008102533

そろそろ新犬切峠が近くなりましたが、まだまだ紅葉は続きます。

2008102534

藤尾山が近づくと新犬切峠はすぐそこ。新犬切峠からは車道を歩いて、車の所まで戻りました。

天気は残念でしたが、本当に素晴らしい紅葉に会えていい道でした。Hgさん、他みなさん、どうもありがとうございました。

« 笠取山から石保戸山1 | トップページ | 丹波山温泉 のめこい湯 »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠取山から石保戸山2:

« 笠取山から石保戸山1 | トップページ | 丹波山温泉 のめこい湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ