« 神田古本まつり | トップページ | 芭蕉を知る旅 »

オロセ尾根から篶坂ノ丸、タワ尾根

土曜日はタワ尾根の下部を歩いてきました。

2008110101

日原から歩き出しますが、やはり天気のいい日は最高ですね。色合いは今ひとつ?

2008110102

それでも青空との対比は最高です...。

2008110103

オロセ尾根に取り付きます。下部は植林帯が続き、あまり面白くはありませんが、道は作業道として結構使われているのか、しっかり踏まれた道です。かなり登ると分岐に水源管理の看板がありました。

2008110104

尾根は分かりやすいですが、踏み跡はわずかで消え入りがち。自然林はやはりきれいです。

2008110105

ようやく出た所から少し左に行けば、篶坂ノ丸でした。久しぶりにこの山名盤見たなぁ。

2008110106

真っ赤に紅葉している木があって、やはりいいですね。

2008110107

登ってきた時は少し雲っていたのですが、オロセ尾根も日が当たるとなかなかです。

2008110108

タワ尾根を下っていきます。地味目ですけど、悪くはありません。

2008110109

個人的にはオレンジや黄色の紅葉も結構好きなんですよね。この木はオレンジあり、赤あり、茶色あり、周りには緑ありでかなりきれいでした。

2008110110

かなり下った頃、うわ~、真っ赤な木を見つけました。

2008110111

前のオフ会以来、久しぶりにミズナラの巨樹に会いました。前は近くまで寄れましたが、今は木でサークルが作られ、その中に入ることはできません。根が弱るのを防ぐ意味があるそうです。初めて団体さんに会いました。

2008110112

またきれいな紅葉が。

2008110113

巨樹コースから一石山の尾根に向かって登ります。一石山神社に向かうとリンドウが咲いていました。いつも思うのですが、咲いていないのはソフトクリームみたいな感じがしますよね。

2008110114

岩稜からは滝入ノ峰から一杯水方面の稜線をよく見ることができました。

2008110115

一石山神社に向かいます。古いハイキングコースだったのか、昔の道標を何度か見掛けます。見晴台は樹林で展望はありませんが、道標に「確かに昔はよく見えた」と書かれていました。

2008110116

あまり歩く人がいないようで、かなり踏み跡薄い所もあり、急降下すると、なんとか一石山神社に降り立ち、ほっとしました。無事に降りられたので、しっかりお祈りしました。

« 神田古本まつり | トップページ | 芭蕉を知る旅 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちは。
すごーーいキレイな紅葉ですね!!青空に映えてため息がでてしまいます。
ミズナラの巨樹、象さんがパオーンって鼻を高く上げている様に見えるのは私だけでしょうか・・(笑)
のめこい湯、いいですよね!私も最初に行った時、広くてきれいだしくつろげるし、
なにより泉質がイイ感じで、この近所の方が羨ましかったのを覚えています。
ゆっくり入りたいけどバスの時間を気にするのが難点で・・・
夏にキャンプでもしたらゆっくりはいれるな~と思いながらまだ実現できていません。
やっぱり奥多摩、いいですね。

cyu2さん、こんにちは。

やはり紅葉の時期はいいですね。
久しぶりにちょっと風が冷たく、木枯らしのおかげで場所によっては帽子が飛びそうになりました。

のめこい湯は初めてだったのですが、びっくりでした。
丹波のあたりは車でない限りは飛竜山、大菩薩から、あとは鹿倉山のときぐらいしかチャンスがないですよね。
鹿倉山はハイキングでのんびり行けますけど、
他は泊まりでないとかなり早足にならないと難しいですが。

cyu2さんは、遠出だったのですね。
寝台列車なんて、随分乗ってないなあ。今はなき「はくつる」で青森に行った時ぐらいかな。
レポが待ち遠しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オロセ尾根から篶坂ノ丸、タワ尾根:

« 神田古本まつり | トップページ | 芭蕉を知る旅 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ