« 丹波山温泉 のめこい湯 | トップページ | オロセ尾根から篶坂ノ丸、タワ尾根 »

神田古本まつり

このblogをご覧になっている方ならご存じだと思いますが、最近は完全に古書沼にはまっています。ということで今日も神田へ。「神田古本まつり 青空掘り出し市」ということでお祭り状態。たくさんの古書が並べられていて、こんなに本ってあるものなんですね、って感じでした。車道の一本裏の通りでは、新刊本屋さんがわずかに汚れたりした新書本を5割引きとか格安で販売。なかなか盛況でした。明日3日までやっていますので、お暇な方はどうぞ。

残念ながら自分の好きなジャンルの本は少なく、いつもの専門店に寄ったのですが、これまた購入したいという本はあったけれど、価格が高いので手が出せず今回は見送り。とりあえず、今日はこんな本を買ってきました。

「古本でお散歩 岡崎武志著」

2001年にちくま文庫から出された本です。手に取って本を開いた瞬間、これは買わなければとビビッと来た本。なかなかこういう本に出会うのは難しいです。だって、最初から、古本のこと分かってないなぁというリトマス試験紙のような質問は、「買った本、全部読むんですか?」というもの、と書かれているんですよ。自分もツンドク本が家にどのくらいあるか。もうこれだけでこの本に自分は惹かれてしまいました。パラフィン紙が付いていて初版だし、中身もきれい。ということでジャンル違いですが、これは自分のライブラリに一冊加えることにしました。

インターネットで指名買いするのもいいけれど、いろいろ歩いて、やはり手に取ってみてみる、というのは本探しの第一のような気がします。これだから古書展、古書店巡りは止められないんですね。ある意味、病気みたいなものかも。(^^;

« 丹波山温泉 のめこい湯 | トップページ | オロセ尾根から篶坂ノ丸、タワ尾根 »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田古本まつり:

« 丹波山温泉 のめこい湯 | トップページ | オロセ尾根から篶坂ノ丸、タワ尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ