« 芭蕉を知る旅 | トップページ | 妙法ヶ岳、霧藻ヶ峰から太陽寺 »

やまなしで酔っぱらいに...

本日は「やまなし」で酔っぱらいにここへ...。

2008110901

天気が悪くていつも通り寒かった(横の道路表示では7℃でした)ですけど、やはり新酒はいいですね。でも、いつもの年よりも少し濃いめのような気がするのは、山の後じゃないからかなぁ~。(^^;

周りの紅葉は色づきが悪くて期待薄ですけど、来週までやってますので大菩薩付近の山とセットでどうぞ。

« 芭蕉を知る旅 | トップページ | 妙法ヶ岳、霧藻ヶ峰から太陽寺 »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

ここは、酔っ払い♪さんの年中行事のおひとつでしょうか?
行かずにはいられない?
私は日本酒はあまり飲まないので、そのおいしさ、効用がよくわかりません。
次回はその薀蓄をぜひ

chiyomiさん、こんにちは。
そうですね。葉書が送られてくるので、行かないと行けない気になります。
それに新酒はやはり美味しいですからね。

ちなみに先日、奥多摩でも「澤ノ井」の新酒が売られていたので、しっかり買いました。
こちらはピリピリとした若いお酒の感じがまたなんとも言えなかったです。
おかげで次の日に残りました。(^^;

いい日本酒は、飲むと肌のつやがよくなる気が。(気のせいかも...。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やまなしで酔っぱらいに...:

« 芭蕉を知る旅 | トップページ | 妙法ヶ岳、霧藻ヶ峰から太陽寺 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ