« やまなしで酔っぱらいに... | トップページ | 大滝温泉遊湯館 »

妙法ヶ岳、霧藻ヶ峰から太陽寺

先日、原全教氏の奥秩父回帰という本を手に入れたので読んでいたら奥秩父に行きたくなって出掛けてきました。

大輪から歩こうと思って三峰口へ行ったのですが、気分が乗らず、三峰神社行きに乗ることにしました。ちなみにこの急行バスに最初から乗るなら、西武秩父駅から乗った方が秩父鉄道の料金+バス料金よりもお得になります。

2008111501

時間があるので付近を散策。少し歩いて橋まで行くと、渓谷の紅葉がきれいでした。

2008111502

秩父鉄道車両公園で古い車両を眺めながら散歩します。向こうの山がきれいでした。

2008111503

三峰神社バス停の駐車場のあたりは紅葉が最高です。天気もこのときはよく、気持ちいい感じでした。

2008111504

妙法ヶ岳に向かいます。

2008111505

なかなかのアップダウンで着いた山頂には奥宮がありました。

2008111506

霧藻ヶ峰を目指して登っていくと、地蔵峠に着きました。峠には石仏がありました。温和な顔をした石仏でした。

2008111507

霧藻ヶ峰からは広い景色を見ることができます。

2008111508

秩父宮殿下のレリーフは結構大きいものでした。

2008111509

地蔵峠から太陽寺に下ります。植林のじぐざぐは今いちでした。斜度はそれなりにある道だけど軽アイゼンとストックがあれば冬季通行止めにしなくても歩けそうな気もしますが。

2008111510

きれいな黄葉の道を水場へ。水場の水は飲めるほど出ていませんでした。

2008111511

きれいな樹林の下り道が続きます。

2008111512

太陽寺は大きなお寺でした。山門の先に続く道の景色はなんとなく昔に戻ったような雰囲気を覚えました。山門には仁王像がありましたが、だいぶ傷みがきていたようです。

2008111513

大日向への道は秩父らしい大きな山と深い谷を見ながらの道でした。石仏も多く置かれています。

2008111514

釣り場に出る直前の所が素晴らしい紅葉でした。晴れていればもっと良かったかも。

2008111515

長い林道を歩いて、最後の太陽寺入口付近の渓谷の紅葉もまたいいものでした。

« やまなしで酔っぱらいに... | トップページ | 大滝温泉遊湯館 »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

三峰というとどうしても雲取まで行かなければいけない気持ちになってしまうけど、あのバスを使えば確かにこういうコース取りもいいですね。(^^)

ボク自身あのバスができて間もなく下りで乗った以降三峰自体ご無沙汰しています。先々週まで大血川へ通っていたので実はあちらの方がちょいと気になっているところなのです。あっあと大血川の釣場から太陽寺入口までの所要時間ってどれぐらいでしたか?

紅葉の写真綺麗ですね。
何処か懐かしくと思ってみたら、妙法ケ岳の山頂。
もう随分前ですが、アップダウンの道で、何度、次は山頂だと思った事で、騙しの山だと記憶が有ります。
リブルさんは、太陽寺の方まで歩いて、やっぱり健脚だわ(^^)

komadoさん、こんにちは。

太陽寺への道は前から狙っていたのですが、なかなか足が向きませんでした。
妙法ヶ岳も未踏だったので、これと合わせて行ってみたら、紅葉も予想外に良くて、なかなか楽しい道でした。

あのバスはせめて9時台に三峰神社に着いてくれると、もう少しゆっくり歩けるのですが...。
雲取山に向かう人もいましたが、秋の時期は結構きついのではないかと思いました。
ロープウェイが廃止になってしまったから、奥多摩側に抜ける人は、下から登る以外、あのバスを使うしかないですし。

釣場から入口までは自分の足で約1時間でした。komadoさんなら、もう少し早いかもですね。
逆は高低差があるから結構かかりそうです。

山百合子さん、こんにちは。

妙法ヶ岳に行かれたことがありましたか。
確かに、いくつも登っては下って、しかも結構桟道や岩場で、なかなか修行の道っぽいですね。
それだからあの奥宮を置いたのも、分かるような気がします。

確かにちょっとバスの時間が遅いので、太陽寺へ行くのは秋の時期は早足で歩く必要がありますね。
でも、太陽寺はとてもいい山寺だと思います。もう少し時間があったら、ゆっくり見学したい所でしたが、
コースタイムを考えると、あっという間に暗くなる時期なので、あまり時間が取れませんでした。

石仏などの表情を楽しみながら、太陽寺にはぜひ行ってみてください。
妙法ヶ岳をカットして帰りは観光釣場のあたりからタクシーを使えば、霧藻ヶ峰から太陽寺のコースは、無理ではないと思いますよ。

ふわぁ~~~見事な紅葉!!そうそう、この色ですよね!赤・黄色・黄緑!
やっぱり年に一度は見ないと秋を感じられない、ナンテ。
今週末まで、持つかなぁ・・・ボソッ

cyu2さん、こんにちは。
紅葉はやはりいいものですね。
今年の秋はあまり遠出しないこともあって、いい色の紅葉は見られないかと思っていましたが、どうしてどうして、奥多摩も含めてそんなに遠いというほどの所でなくても、いい紅葉が見られるではありませんか。

場所によるでしょうけど、まだ見られる所はあるのではないかと思います。
自分も今回、そんなに期待していた訳ではありませんでしたので、サプライズでした。(^^)

をを、なんと一時間ですか!
それを考えると酉谷山や長沢山からも三時間半で充分降りられますね。
ということは東日原と変わりがないということで、選択肢が増えましたよ~。ありがとうございました。(^^)

あの林道は地図だとかなりの時間が書いてあるので、もっとかかるかなと思っていたのですが、意外に早く着きました。
酉谷から東日原へは結構かかるから、確かにこちらを降りるという選択肢もありですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙法ヶ岳、霧藻ヶ峰から太陽寺:

« やまなしで酔っぱらいに... | トップページ | 大滝温泉遊湯館 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ