« 大滝温泉遊湯館 | トップページ | 有楽町から神田歴史散歩 »

幕岩尾根と天目山

22日(土)は天目山に行きました。

2008112201

さすがに連休で天気もいいとあれば、東日原行きのバスは2台出ても満員でした。と言っても倉沢で降りたのは私の他は一人だけでした。倉沢林道を歩きますが、さすがに冷え込みがきつくて真冬並みでした。

2008112202

魚留橋のあたりから登り始めると、まだ紅葉が残っていました。

2008112203

やはり天気がいいと気分も明るくなります。

2008112204

幕岩尾根はかなり岩っぽい感じの尾根でした。踏み跡は落ち葉も多いせいか、ほとんど見あたりませんでした。途中、結構きれいな自然林の所があります。

2008112205

わずかに残った紅葉がまたいい感じでした。

2008112206

水道局の石標もいくつも見掛けて、着いた所が横篶山。山名板などはなく、静かな山でした。

2008112213

一般道に出て、落葉後のヨコスズ尾根を登ります。

2008112207

初めての天目山に着きます。素晴らしい展望が広がります。こんな時に限って標準ズーム1本しか持ってきていません。富士山がきれいでした。

2008112208

蕎麦粒山から川苔山方面。肉眼だと、左の奥には町並みも見えました。

2008112209

秩父方面。こちらは紅葉がちょうどいいらしく、きれいでした。その先の上越の山はわずかに白い山が見えましたが、雲があって今ひとつでした。

2008112210

そして奥秩父方面。肉眼だとその先に白い山がわずかに見えたのですが、八ヶ岳ではないかということでした。

2008112211

一般道を下ります。中腹あたりまで下ると、残った紅葉が結構きれいでした。

2008112212

東日原の直前のあたりにはまだカエデがきれいでした。

« 大滝温泉遊湯館 | トップページ | 有楽町から神田歴史散歩 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幕岩尾根と天目山:

« 大滝温泉遊湯館 | トップページ | 有楽町から神田歴史散歩 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ