« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

足柄古道の旅と矢倉岳

30日は今年最後の山ということで足柄古道を歩き、ついでに矢倉岳に登ってきました。

2008123001

足柄駅から歩き出し、足柄峠を目指します。朝から雲一つない富士山を見ることができました。

2008123002

途中で左に曲がると不動の滝があります。金太郎が初めて源頼光と対面した場所とのことです。頼光対面の滝とも書かれていました。

2008123004

だいぶ登ると足柄古道の表示があり、そちらへ入ると、安永三年の石仏がありました。安永三年って、調べると1774年とのこと。なんと230年以上経っているんです。これにはびっくり!さすが古道です。

2008123006

足柄峠に着くとやはり富士山がいつもながら素晴らしいです。

2008123005

雲一つないですね。

2008123007

矢倉岳へ行くと、なんと誰もいません。しばらく静かな山頂を満喫。少しすると登ってきた人達がいました。

2008123008

足柄峠の方へ戻り、足柄古道の続きを歩きます。

2008123009

だいぶ下ってから地蔵堂へ。来年もよい年であるようにお祈りしました。

2008123010

少し登り返して東山を目指します。お墓の登り口の所にこれまただいぶ古い石仏がありました。しかし、年代は消えてしまったのか書かれていないようでした。

2008123011

だいぶ下って矢倉沢が近くなってくると、茶畑が広がる風景になります。心癒される感じ。

2008123012

矢倉沢表関所跡は平らな土地があるだけ。この基礎部分の石の並びは当時のものなのでしょうかね。

2008123013

東山の所から車道を横断してみかん畑の横を通る道になります。左に広がる眺めは広いものでした。この後、広域農道に出たのですが、道標がなかったのか、そのまま車道を歩いてしまい、怒田の運動公園の方に出てしまいました。仕方なく、磁石で方向を確認して、歩いていくと、なんとか大雄山駅に出ることができました。

2008123014

持っていた登山地図は10年前のもの。やはり最新の地図が必要ですね。

それでは、皆様、よいお年を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

榛名湖温泉 ゆうすげ元湯

帰りはやはり温泉へ。体が冷えていたので、こういう時の温泉ほどいいものはないですね。

2008122320

ゆうすげ元湯は特に表示が出ていなかったので、フロントで聞いてみたら日帰り入浴可能でした。入浴料は500円でした。

お湯はナトリウム・マグネシウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉とのこと。循環臭は少しあるけど、人が少ないせいか、そんなに悪い感じはしません。お湯はほとんど透明に近く、少しぬるめ。露天風呂へ入ってみたら、こちらもお湯がぬるめで空気の寒いこと。すぐに戻って内湯に浸かることにしました。

少し窓が狭いせいか、榛名湖の眺めは今一つですが、のんびりと入浴しました。でもすぐに熱くなってしまいます。

伊香保温泉行きのバスは2時間に1本しかないのと、ちょうどバスが行った所なのでゆっくり入ろうかと思っていました。が、もしかしたら榛名湖畔から高崎行きのバスに間に合うかもしれないと急に思い立ち、宿を出ました。すると、あれだけきれいだった青空がすっかり曇り空に。急いで榛名湖畔バス停まで行くと、もう、小雪が舞い始めていました。真冬は近いようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

榛名富士・烏帽子岳・鬢櫛山

23日(祝)は、久しぶりに榛名へ行きました。

2008122301

クリスマス前ということもあるのか、榛名湖行きのバスに乗った登山客は自分一人。榛名湖畔バス停で下車したのも自分だけでした。榛名湖の向こうに見える榛名富士(右)と烏帽子岳(左)は、静かな湖面にも映り、なかなかの眺めです。

2008122302

榛名富士は標高差は300mくらいです。結構笹があります。道は悪くないですが、雪が少しまぶしたようにありました。

2008122303

枝越しには真っ白なきれいな浅間山が見られました。でも、山頂からは木が邪魔して見えません。

2008122304

リフトだと思っていたらロープウェイだったようですが、ごく普通の格好をした観光客が歩いていてかなり浮いてました。気にせず、山頂の榛名神社へ。

2008122305

山頂からは相馬山などがよく見えましたが、上越方面の白い山は木に邪魔されています。少しだけ間から山を見ることができました。

2008122306

下りは榛名湖温泉の方へ下ります。雪が軽く積もっていました。

2008122307

榛名湖温泉の少し先に烏帽子岳の登山口があります。稲荷神社があって、狐の置物がたくさんありました。

2008122308

分岐を間違えたりしましたが、なんとか鞍部に登り、右へ行けば鳥居とキツネの狛犬があります。

2008122309

急坂を登り切ったあたりにも、鳥居などがありました。養蚕の守り神だったようです。

2008122310

かなり道が笹に埋もれがちでしたが、静かな山頂に到着。

2008122311

少し先へ行くと、眺めのいい場所に出ました。榛名富士と榛名湖などを眺めることができました。

2008122312

鞍部へ戻って、その先の鬢櫛山へ登ります。結構急な坂を登らされ、その先は笹の海。踏み跡を辿って、山頂へ。山頂は笹が少しなかったようです。

2008122313

烏帽子岳などが木の間から眺められただけでした。帰りは左に尾根が分岐していて、笹で紛らわしいので、慎重に元来た右の道を戻りました。

烏帽子岳と鬢櫛山では一人も会わず、静かな山でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんぶの湯

思親山の帰りは「なんぶの湯」に立ち寄りました。

2008122010

内船駅から歩いてわずか5分くらいの所にあります。身延線が2時間に1本程度しかないのでなかなか立ち寄れないかもしれません。

入浴料は500円と安価。公共の施設のようで、地元の南部町でやっているようです。そのため村内者と村外者で入浴料が異なっています。

お風呂はかなり広い感じ。内湯も露天風呂もわずかに熱めですが、体が冷えている時には嬉しい感じ。お湯は単純アルカリ泉でツルツルというよりは、シコシコ感があります。カルキ臭は少ない方ですが、循環臭が結構あります。そういえば泉質表を見忘れました。

それでも、入浴している人がそんなに多くはないのでお湯もそれほど汚れてはおらず、気持ちよく入れました。やはり露天風呂の方が気持ちよく、のんびり浸かったら、結構熱くなってしまいました。やはり山の後は長湯できませんね。

休憩所からは思親山方面の山を見ることができます。時間もかなり余ったのでのんびりしながら山行を思い返しました。リラックスできた、いい温泉でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士山を見に思親山

20日(土)は身延線に乗って思親山に行ってきました。

2008122001

早朝の電車を乗り継いで内船駅へ。5時前の電車に乗ったのに、甲府経由で着いたのはもう9時になってました。踏切を渡って少し登れば思親山あたりがよく見えました。

2008122002

墓地の間を通るあたりからは篠井山がよく見えました。やはり登りたくなりますね。

2008122003

茶畑のあたりからもなかなか広い眺めで気持ちいいです。

2008122004

長い林道歩きの後、佐野峠からは素晴らしい富士山の眺め。

2008122005

思ったよりもアップダウンの尾根を歩いてようやく着いた思親山の山頂からはやはり富士山の眺めがいいものでした。

2008122006

下る途中からは富士川方面の山々を見ることができます。

2008122007

下っていくと、少し南アルプスの見える所がありました。

2008122008

源立寺バス停。待合所が倒壊していました。15分待ちでバスが来る、と思ったら上佐野行きでした。14時24分に内船駅行きがあります。日曜祝日は運休です。

2008122009

道路を下っていって、ようやく着いた井出駅。まったく時間を調べていなかったのですが、なんと幸運な事に2時間に一本の電車がわずか10分後にありました。

2008122011

内船駅で途中下車して入浴。良い山と良い温泉、そして良い天気で楽しい一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ムーンライトえちごが廃止!!!

今日のニュースを見てびっくりしました。

なんと、あのムーンライトえちごが来春で廃止なるとのこと!!!

青春18切符を使って旅するにはとてもいい列車だったし、これを使って行った越後の山々も数々あったのに...。

一応、来春以降は臨時列車扱いになるので、一時的には乗れると思いますが、これも急行アルプスと同様に本当に多客期以外は乗れなくなってしまいそうです。

これも時代の流れなのでしょうけど、悲しいですね...。(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪のなべっこ遠足 御岳山

14日(日)はなべっこ遠足でした。

2008121401

chiyomiさんのお誘いで、山百合子さん、moguさん、カセージンさん、多摩moguさん、chiyomiさんのご友人3人と御嶽駅で合流します。久しぶりにケーブルカーに乗ると、案内で山頂は雪とのこと。登っていく途中から雪になり、降りたらもうしっかり積もり始めていました。山頂駅でHgさんが合流。今日は山岳マラソンも開催されていてランナーさんが雪の中、走ってました。

2008121402

古民家も雪が積もると雪国の雰囲気。

2008121403

湿雪で滑りやすいので気を付けて登ります。

2008121404

御岳神社はマラソンのゴールになっていて、もうゴールしている人がいたのにはびっくりでした。雪がだいぶ降っています。

2008121405

十月桜だそうです。心なしか寒そうです。

2008121406

長尾平もさすがにこんな天気では人がいません。

2008121407

鍋のできあがり~。やはり寒い日は鍋ですね。手作りのきりたんぽが入って、もちもちしているけど、既成品のようにぱらぱらと崩れたりせず、とっても美味しかったです。

2008121408

眺めのよい所に行くと、とても御岳山付近とは思えない雰囲気。

2008121409

みなさんこの眺めに圧倒されていました。

2008121410

御岳神社の石段に戻ると、これまたいい雰囲気でした。

2008121411

有志のメンバーで途中日の出山は巻いて、その先は尾根コースを取ってつるつる温泉へ。最後はわずかに青空も見えていました。ゆっくり入っていつもながら温まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通り矢尾根から三室山、日の出山へ

日曜日は通り矢尾根を登ってきました。

2008113001

武蔵五日市駅から福生駅行きのバスに乗り、萱窪で下車します。もちろん登山者は私一人でした。白山神社あたりから登り始めます。ごくわずかな踏み跡を追って登っていきます。

2008113002

名も無きピークには石標がありました。勝峰山がよく見えました。

2008113003

途中、樹林の合間から紅葉がよく見えるところがありました。

2008113004

林道を渡り、登ると展望の良い所がありました。

2008113005

小さい秋みつけた。

2008113006

送電線が邪魔ですが、あれは大岳山あたりかな。

2008113007

日向和田からの道がありました。

2008113009

三室山に到着。静かな山でしたが、下の一般道を歩く人の声が聞こえてきました。

2008113010

まだ少し紅葉が残り、その向こうにはビル群が見えました。

2008113011

急に日の出山へ行きたくなって、そのまま登りました。ようやく着いた日の出山は歩き始めから休憩込みですが4時間かかっていました。

2008113012

やっぱり最後は温泉ということで、ひさしぶりに、つるつる温泉でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »