« 富士山を見に思親山 | トップページ | 榛名富士・烏帽子岳・鬢櫛山 »

なんぶの湯

思親山の帰りは「なんぶの湯」に立ち寄りました。

2008122010

内船駅から歩いてわずか5分くらいの所にあります。身延線が2時間に1本程度しかないのでなかなか立ち寄れないかもしれません。

入浴料は500円と安価。公共の施設のようで、地元の南部町でやっているようです。そのため村内者と村外者で入浴料が異なっています。

お風呂はかなり広い感じ。内湯も露天風呂もわずかに熱めですが、体が冷えている時には嬉しい感じ。お湯は単純アルカリ泉でツルツルというよりは、シコシコ感があります。カルキ臭は少ない方ですが、循環臭が結構あります。そういえば泉質表を見忘れました。

それでも、入浴している人がそんなに多くはないのでお湯もそれほど汚れてはおらず、気持ちよく入れました。やはり露天風呂の方が気持ちよく、のんびり浸かったら、結構熱くなってしまいました。やはり山の後は長湯できませんね。

休憩所からは思親山方面の山を見ることができます。時間もかなり余ったのでのんびりしながら山行を思い返しました。リラックスできた、いい温泉でした。

« 富士山を見に思親山 | トップページ | 榛名富士・烏帽子岳・鬢櫛山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは~。

なんぶの湯、私が行った約2年前は、入浴だけで休憩しなければ500円だけれど、休憩すると1500円と言われたのですが、さすがにあれは評判が悪くてやめたのでしょうかね。 それとも1500円払って休憩所利用されたとか?

私が行ったときは、ちょっとカルキ臭が気になりましたが、そこら辺も改善されたようなら、機会があれば再訪したいです。内船駅近辺で時間つぶしするなんて、そうざらにあることではないでしょうけど…(笑)。

ゴン太さん、こんにちは。

普通に、一人ですと言ったら、入浴のみになりましたよ。休憩はなしですね、って言ってましたけど。
人にも寄るのでしょうかね。ザックを持っていたら、こちらに置きますか、って言ってくれて、預かってもらえました。
人が多いか少ないかに寄るのかもしれませんね。

循環臭はありますけど、カルキ臭は少なかったです。
塩素が入っていて、人が多いとカルキ臭が強くなるらしいので、何とも言えないです。
でも、そんなに悪い湯には感じませんでしたよ。
やはり人の少ない時期の温泉ほど、いいものはないですね。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんぶの湯:

« 富士山を見に思親山 | トップページ | 榛名富士・烏帽子岳・鬢櫛山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ