« 足柄古道の旅と矢倉岳 | トップページ | 小粒な荒倉山 »

板橋七福神

今年の七福神巡りは板橋七福神を巡ってきました。

2009010201

三田線を板橋区役所前で下車し、まずは観明寺へ。ここは恵比寿様。

2009010202

少し歩いて次の文殊院へ。こちらは毘沙門天があります。

2009010203

石神井川に沿ってかなり歩き、ようやく着いたのは長命寺。福禄寿です。

2009010204

少し歩けば安養院。弁財天があります。

2009010205

都史跡の茂呂遺跡。いくら遺跡でもフェンス越しはないだろうと思うのですが。

2009010206

随分歩いて、ようやく着いた能満寺。入ったら、お寺の建物の中に寿老人があります。温かい甘酒を出して頂き、ありがたく頂戴します。本当の「おもてなし」とはこういうことを言うのでしょうか。

2009010207

途中の街角には庚申塔や石仏が並んでいました。このあたりは信仰が高かったのかな。

2009010208

また結構歩いて西光寺へ。布袋様があります。しかし、賽銭箱が遠いのがちょっと。

2009010209

途中、少し迷ったりして、かなりかかってようやく着いた最後の西光院。

2009010210

大黒様にしっかりお祈りして、これで今年一年もいい年になることでしょう。(^^)/

近くの南町バス停から池袋へ出ました。

« 足柄古道の旅と矢倉岳 | トップページ | 小粒な荒倉山 »

七福神巡り」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、明けましておめでとうございます。
七福神巡り、いいですね~♪
やっぱりこれは年の初めに歩くのが気持ちも改まって良いですよね。
若い頃(?)はあの船の上にミニチュアを乗せるのが好きで何度か廻って
ました。
リブルさんの記事拝見してまた行きたくなりました~。

一つ前の矢倉岳、まだ行ったことないですが以前あの地蔵寺から金時山に向かったことを思い出しました。
あのアルミ階段、怖かったな~~~。
・・・とまた脱線しましたが今年もよろしくお願い致します!

cyu2さん、こんにちは。
ここ数年、年始めは七福神巡りをしています。
いつもおせち食べ過ぎとお酒の飲み過ぎなので、軽いウォーキングぐらいの方がいいみたいです。(^^;

地蔵堂から金時山へ歩かれていたのですね。レス付けていたのに忘れていました。m(_ _)m
そうそう、あの最後のハシゴとかは結構大変なんですよね。
自分は足柄駅からでしたけど。

こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋七福神:

« 足柄古道の旅と矢倉岳 | トップページ | 小粒な荒倉山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ