« 相模湖周辺の低山(石山、高倉見晴、金剛山) | トップページ | 東京染井温泉 Sakura »

元清澄山へ

10日は千葉の元清澄山へ行きました。

2009011002

安房天津駅から鴨川コミュニティバスに乗り、清澄寺バス停で下車します。桜が咲いていましたが、さすがにまだ冬桜のようですね。

2009011001

海の見える景色はやはり千葉の山という気がします。

2009011003

林道を元清澄山に向かいますが、途中、大見山へ立ち寄りました。ほとんど人の訪れない三角点があるだけの静かな山でした。

2009011004

途中からは房総の山を望むことができます。

2009011005

長い林道歩きが終わり、ようやく登山道に入ります。

2009011006

どこを歩いているのか分からなくなりそうな長い道。ようやく三石山への分岐に着きます。右へ上がるのが三石山、左が元清澄山です。

2009011007

元清澄山は眺めもない静かなピーク。ベンチが一つだけありました。風が強くてあまり長居はできませんでした。

2009011008

金山ダムに下りますが、まだ黄葉を楽しむことができました。

2009011009

こんなコブコブの木があったりして、やはり房総らしいですね。

2009011010

途中、ゴルフ場が見えたりして興ざめしますが、ようやく金山ダムが見えるところにでました。

2009011011

金山ダムは静かな貯水池という感じでした。

2009011013

少し暗いトンネルもあって、あまりいい感じではありませんでしたが、道路を歩いて金山ダムのバス停へ。4時15分にバスがありますが、着いたのは2時。2時間も待つのは長すぎるので、タクシーを携帯で呼んで鴨川駅へ。鴨川駅までは2490円でした。

まったく人に会わない静かな山歩きでした。山道自体は関東ふれあいの道で道標等、整備されていますが、この時期は人に会わず、山深い所を歩きますので装備はしっかりした方がいいです。

2009011012

バス停の横には水仙が咲いていて、最後を飾ってくれました。

« 相模湖周辺の低山(石山、高倉見晴、金剛山) | トップページ | 東京染井温泉 Sakura »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

車で無いと縦走出来て良いですね。
私は別々に登りました。
階段のアップダウンのトレーニングの山ですよね。
途中にゴルフ場が見えたりして、興ざめな所も有りますが、何時も、静かで中々渋い。
そんな所は房総の山らしい感じがします。
水仙が咲くこれからの季節は、中々良いですよ。
またお出かけ下さいね。

山百合子さん、こんにちは。

本当に静かで山深い感じのする山ですね。
以前にも七里川温泉から麻綿原高原へ歩いた時にも感じましたが、房総ならではの独特な雰囲気がこのあたりとても漂っていて、魅力的です。
こんなにも階段があるとは思っていませんでした。整備するにしても、ちょっとやりすぎなような気がしますが。
また、機会があれば、房総の山にはいろいろ歩いてみたいと思っています。

 あっちこっちいろいろ歩かれていますね。
見習わないと^^
千葉は地元だけど 鋸山しか知りません(笑)

リブルさん、こんばんはー!
桜?!キレイですね、早い早い♪
千葉の方はやっぱり何となく暖かいのでしょうか?写真からもそんな穏やかな空気感が伝わって来ます。

あの・・・私、おとといいった高柄山・・・なんとなく調べていたらアイタタタ・・・またこんな近くにお手本が(笑)
気付かないでいましたがリブルさんの行かれたときからもう、そんな道だったんですね。
ルート選びに失敗したかな・・・。

いっきさん、こんにちは。

千葉が地元でしたか。千葉の山は低いですけど、よく言われるように山は高さだけではないですね。
この時期は特に人が少なくなるし、静かな山が楽しめますよ。
自分もまだまだ歩いてみたい低山がたくさんあります。

cyu2さん、こんにちは。

冬桜はその名の通り冬に咲きます。11月頃から12月頃が旬です。房総は暖かいし、紅葉が残っているぐらいなので、まだ咲いていたようです。
冬桜は西上州の桜山が有名ですよ。以前に行きましたので、このblog内で検索してみてください。

高柄山だったのですね。ゴルフ場は前からありました。でも、尾根真っ二つの林道はなかったな。
アップダウンが多いからトレーニングにはいいのですが、結構大変だったでしょ。
鶴鉱泉、まだ入ったことはないのです。静かな宿でよさそうですね。
前道志は軽い山が多いから、冬場の時期でも楽しい山歩きができて、自分も好きですよ。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元清澄山へ:

« 相模湖周辺の低山(石山、高倉見晴、金剛山) | トップページ | 東京染井温泉 Sakura »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ