« 東京染井温泉 Sakura | トップページ | 中群山と大羽根山 »

加波山から雨引山、岩瀬へ

17日(土)は最後の青春18切符を使って茨城の山を歩いてきました。

小山から水戸線に乗り換えて岩瀬駅で下車します。駅前にいるタクシーを捕まえて樺穂小学校前まで。2780円でした。以前は筑波鉄道というローカル線があったのですが、廃止されて、その後に代行バスもありましたが、それさえも廃線になってしまって車に頼るしかなくなっています。

2009011701

歩いていくと、加波山神社がありますが、ここの他にもいくつもあって、昔からの信仰だということが分かります。しかし、神社同士あまり仲が良くないらしくて、こちらが本当の加波山神社だというような張り紙をいくつも見掛けました。

2009011702

石切場経由で加波山に登る道を取ります。途中には草に隠れるように丁目石があったりして、やはり古くからの道であるようです。

2009011703

登っていくと、途中にはこんな石碑もありました。御嶽山は岩瀬駅の近くにある山ですけど、長野の御嶽山にも繋がる何かがあるのかなぁ。

2009011704

山頂にはたくさんの神社があります。これはありすぎなような気がします。それぞれの神社が主張した結果なのでしょうけど、何とかならなかったのでしょうか。

2009011705

ほとんどは木で隠れていてあまり眺めはありませんが、少し開けている所があり、遠くには日光連山らしき山を見ることができました。

2009011706

たばこ神社というあまり見掛けない神社がありました。この土地で作られる葉たばこの豊作を祈るものだったようです。

2009011707

電波塔があるので、林道を歩いていき、少し山道を辿れば燕山の山頂でした。加波山の方から来るとなんでもない場所に思えました。

2009011708

燕山からは長い下り。途中からは雨引山方面の眺めがありました。

2009011709

途中の道は自然林でなかなか気持ちいい道でした。でも、結構アップダウンがあります。

2009011710

雨引観音からの道と合流します。鐘の音が聞こえてきましたが、それがそうだったのかな。ちょっと頑張るとようやく雨引山に着きました。

2009011711

山頂には誰もおらず、一番眺めのよいベンチに座り、眺めをしばらく楽しみながら食事にしました。

2009011712

アップダウンの道を御嶽山へ。神社があって、狛犬がしっかりありました。

2009011713

のんびり歩いて岩瀬駅へ到着。1時間に1~2本の運行でした。

2009011714

下山したのがだいぶ早かったので、小山へ出て、東鷲宮で下車し、いつもの百観音温泉で入浴して温まって帰りました。

« 東京染井温泉 Sakura | トップページ | 中群山と大羽根山 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは~。

18きっぷ最終は加波山でしたか~。

このあたりに行ったのはもう10年近く前だと思います。その当時、すでにバス停が寂れた感じになっていて、心配だったのですが、とうとう廃線ですか。。。

このあいだまで、朝の便が平日のみ(土曜休日は運休)で、なんとか土日に9時の便だけでも走ってくれないかと願っていたのですが、まったく逆に全廃とは悲しいお話です。

群馬茨城ともに北関東は車社会になってしまってバスがどんどんなくなっていく傾向で、ほんと、乗れるうちに乗っておかないといけませんね。

ゴン太さん、こんにちは。

10年も前に行かれてましたか。
そうそうバスは平日のみがしばらくでしたね。今年の春に行こうかと思ったのですが、その時調べたら、もう廃線になっていました。
地元の人はどうするのかと思ったら、予約制の乗合タクシーを自治体が手配しているようです。もちろん乗れるのは地元の人のみで。

ウィキペディアには西側だけ鉄道を復活させる案があるとか書かれてますけど、このご時世だと無理でしょうね。
ただでさえバスが無くなりつつあるのに、この状況だと3月末でなくなってしまう路線が続出しそうで怖いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加波山から雨引山、岩瀬へ:

« 東京染井温泉 Sakura | トップページ | 中群山と大羽根山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ