« 元清澄山へ | トップページ | 加波山から雨引山、岩瀬へ »

東京染井温泉 Sakura

初湯と言うと、毎年、大江戸東山温泉に行っていたのですが、すでに廃業してしまって随分経ちます。今年はまだ温泉入浴していなかったので、12日(祝)に急に思い立って出掛けてきました。そのため携帯で撮ったのですがあまりにもボケボケだったので写真はなし。

東京染井温泉Sakuraへは巣鴨駅から歩き出し、10分かからないぐらいで到着。徒歩8分と案内にあったのはほぼ正確と言えるでしょう。シャトルバスもあるみたいなので、それを利用してもいいかもしれません。入浴料は1260円ですが、後払い精算方式。どこかでもこの形式がありましたが、ICチップが内蔵されているタイプでした。館内の自動販売機もこれで買うようになっています。脱衣場の鍵の開け方に戸惑い、少し悩んでしまいました。(^^;

お風呂に入って、体を洗いますが、シャンプーとリンスが別になっていて、女性向きの香りになっています。よく見ると化粧品メーカーの名前が入っています。最近はほとんどリンスインシャンプーが主流ですし、こういう細かい所に気を使う施設は少ないので、女性には好まれるのではないかと思います。

内湯は温泉ではなく普通のお湯なので、温泉露天風呂へ直行。ナトリウム-強塩化物泉のお湯は薄い茶色というよりは黄色にわずかにグリーンを混ぜたような感じの色。お湯で顔を少し洗ったら、ヒリヒリする感じがありました。やはり強塩泉のせいでしょう。この手のお湯は温まりますが、あまり顔を強く洗わない方がいいです。循環臭はありましたが、塩素臭はほとんどしません。最近の技術で塩素臭をしないようにする機械があるのかな。やはりかなり温まるお湯で、出たり入ったりを繰り返して温まりました。

他にも入浴剤を入れたグリーンのお湯がありました。サウナもあるようですが、自分は温泉一本槍でした。2005年オープンのようで、数年経った所だと思いますが、施設はきれいでゆっくり入れます。岩盤浴もありますが、別料金なのが残念です。

ホームページはこちら

いわゆるスパ感覚で使える温泉だと思います。思ったよりも泉質はいいようで、入浴料もそれほどは高くなく、また再訪したいですね。

« 元清澄山へ | トップページ | 加波山から雨引山、岩瀬へ »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京染井温泉 Sakura:

« 元清澄山へ | トップページ | 加波山から雨引山、岩瀬へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ