« 秩父温泉 満願の湯 | トップページ | 吉田山から四本松 »

玉川上水散歩

本日は玉川上水を散歩してきました。

2009020701

三鷹駅を降りて、すぐの所に国木田独歩の詩碑がひっそりとあります。

2009020702

駅を出て左に行けば、すぐに玉川上水が流れています。

2009020703

車の多い桜橋。

2009020704

横断歩道を渡ってすぐの所に国木田独歩の文学碑がありました。

2009020705

境山野公園に立ち寄ります。今も自然林が残り、「武蔵野」が書かれた当時の雰囲気を残しているのでしょうか。

2009020706

だいぶ歩いてくぬぎ橋へ。昔ながらの喫茶店でコーヒーを飲み、ゆっくり歩いていきます。小金井公園の近くまで来ると、桜樹接種碑がありました。嘉永四年と書かれていますが、文字もしっかり読めます。

2009020707

浴恩館公園へ。日本青年館の分館だったようです。中は見学無料で、小金井で出土した土器や昔の写真、使われていた機織りなどが展示されています。昔のラジオが置いてあって、そう言えばおじいさんの家にあったなぁ、なんてノスタルジックにひたってしまいました。(^^;

2009020708

小金井公園へ。午後は暖かくなったせいか、家族連れが大勢遊んでいました。

2009020709

鴨も水遊び中。

西口を出て、武蔵小金井駅へ。自分の足で20分ほどでした。

« 秩父温泉 満願の湯 | トップページ | 吉田山から四本松 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉川上水散歩:

« 秩父温泉 満願の湯 | トップページ | 吉田山から四本松 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ