« 行道山から両崖山、織姫神社へ | トップページ | 梅まつり百草園 »

父不見山へ

21日(土)は奥秩父の父不見山に行きました。

2009022101

高崎線の新町駅からバスに乗り、小平で下車します。

2009022102

橋を渡ってから階段を登り、少し行くと登山口がありました。ここから坂丸峠を目指します。

2009022103

前々日から前日にかけて降った雪が残っていました。雪が締まっているので歩きにくくはありませんでした。小動物の足跡以外はなく、誰も登っていないようです。

2009022104

途中からは御荷鉾山方面の山々を見ることができます。真ん中左の三角形の山はどこの山なんだろうなぁ。

2009022105

明るい雪のある峠道は楽しい歩きです。

2009022106

坂丸峠と書かれていましたが、ここは後から作られた峠では。

2009022107

少し登ると、こちらがやはり昔からの峠でしょう。木に隠れるように祠が置いてありました。地形的なものか、冷たい風が吹き抜ける峠はあっという間に汗が冷えて凍えそうでした。

2009022109

しばらく樹林の中を歩いた後、少しきつい登りが続いて、ようやく大塚(長久保の頭)に着きます。

2009022108

秩父側はぼんやりとしてしまっていて、遠望は望めませんが、なかなか悪くない景色でした。上州側は樹林で眺めはありません。

2009022110

雪のある下りでストックを持ってこなかったことを後悔します。雪道には足跡が残されていて、父不見山から歩いた人がいるのでしょう。目の前に父不見山が大きくなります。

2009022111

父不見山の登りは結構きつい登り。左側の木の間から神流川の上流を見ることができます。真ん中右の山は赤久縄山あたりでしょうかね。

2009022112

ようやく着いた父不見山。誰もおらず、風が吹き抜けていました。

2009022113

杉の峠を目指して下っていきます。先の方の山は大久保山でしょう。

2009022114

杉の峠には祠が置いてありました。ここからは林道に降り、長久保を通って、長久保入口バス停まで長い林道歩きでした。

« 行道山から両崖山、織姫神社へ | トップページ | 梅まつり百草園 »

登山(西上州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父不見山へ:

« 行道山から両崖山、織姫神社へ | トップページ | 梅まつり百草園 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本