« 高尾の里山(初沢山、金比羅山) | トップページ | 父不見山へ »

行道山から両崖山、織姫神社へ

15日(日)は、栃木へ出掛けました。

2009021501

東武鉄道で浅草から太田行き1本でのんびり足利市駅へ。足利市駅から行道山行きのバスは1日3本と少なく、午前中は1本のみで、これに乗って終点で下車します。歩き出すと仏像付きの立派な石柱があります。

2009021502

だんだん登りがきつくなって、駐車場から先はコンクリートの石段。登っていくと、石仏がたくさんあります。その中で、久しぶりに思惟の石仏を見掛けます。前は星野で見掛けましたが、やはり栃木ですね。

2009021503

浄因寺でお参りします。ロウバイが咲いていましたが、暖かいせいか、終わりかけでした。さらに登ると寝釈迦がありました。畏怖の対象ではなく、あまり大きくなくて、かわいい感じだし、ポカポカと日当たりもよくて、気持ちよさそうでした。(^^)

2009021504

行道山で一休み。暑いぐらいの陽気で、とても遠望などできず、諦めて先へ。剣が峰も眺めもない場所で、そのままじぐざぐに下ります。降り立った林道からは低山の眺めが広がりました。

2009021505

歩いていくと、大岩毘沙門天に着きます。かなり大きな寺院。この山門が仁王像もあってかなり立派でした。

2009021506

しばらく林道を歩いてから山道に。結構アップダウンがあって意外に大変です。途中、カタクリが咲くという場所がありましたが、さすがにまだ咲いていませんでした。ようやく登り着いた両崖山は樹林の中に祠があり、少し暗い感じでした。ここは城跡だそうです。

2009021507

大きな木がありますが、これがタブの木でしょうか。

2009021508

少し降りると、左側が開けます。行道山などに比べると、家が近く見えて、もうかなり下った感じです。

2009021509

結構ごつごつした感じの道を歩きます。この写真は振り返った所。さすがにこのあたりはファミリーコースで、家族連れなども歩いていました。

2009021510

その先は公園のようになって、適当に歩いて織姫神社へ。梅が咲いていますが、旬は過ぎたかな。

2009021511

織姫神社でしっかりお参り。縁結びの神様だそうです。

2009021512

石段のあたりでは、白梅がもう散り始めていました。

2009021513

まだ時間が早かったので、史跡足利学校を見学。見学料を払うと、入学証をくれました。(^^;

« 高尾の里山(初沢山、金比羅山) | トップページ | 父不見山へ »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行道山から両崖山、織姫神社へ:

« 高尾の里山(初沢山、金比羅山) | トップページ | 父不見山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ