« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

菅峰と丸岩へ

29日(日)は群馬の菅峰と丸岩を登りました。

2009033001

味をしめたので、この日も3時起き。これで新幹線代を浮かせた分で、吾妻線長野原草津口駅からタクシーで須賀尾峠まで上がります。3050円でした。

2009033002

まずは菅峰を目指します。どうせ曇りだと思っていたら、天気が良くなってきて、笹の生える気持ちのいい道に。雪がまだ残っています。ちらっと、動物が見えました。クマかと思いましたけど、白っぽかったのでカモシカだったみたいです。

2009033003

鞍部から先はかなりの登り。雪が少し深くなります。土曜日に登った人がいるらしく、トレースが残っていましたので、それを追いました。途中でショートカットしていたので、忠実に追いましたが、結構きつかった。でも、稜線は気持ちのいい軽い雪道です。

2009033004

途中からは少し眺めがあります。草津方面は少し雲が出ているようです。

2009033005

意外に早く菅峰の山頂に着きます。去年、地元の小学5年生が登ったらしく、木の看板がありました。ふと、気づくと手袋がない!あれ、また無くしたのかな~。(T_T)

2009033006

同じ道を下っていくと、手袋あった~~~!!!\(^^)/

2009033007

天気のいい日は気持ちいいですね。でも、何度も滑ってしまいました。

2009033010

須賀尾峠へ戻り、少し車道を下って、丸岩の登山口へ。

2009033008

少し急な所もありますが、登っていくと、少し平な感じの所に出ます。少し奥の方に歩いていくと、木にもたれかけるような形で大弁才天と書かれた石がありました。その先へ行ってみましたが、特になにもなく、このあたりが山頂のようでした。

2009033011

ランチを楽しんだ後、また登山口まで戻ります。帰りは道路を長野原草津口まで下ります。途中からは雪山を眺めることができました。

2009033012

だいぶ下ると、丸岩が見えますが、この角度だと岩壁に空の青が反射して不気味な感じでした。

2009033013

長野原草津口へ向かう橋を渡っていると、草津の平な感じの山を見ることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥久慈男体山から袋田の滝へ

21日(土)は奥久慈男体山へ行ってきました。

2009032201

地元の駅からだと初電に乗っても西金駅に着くのは10時過ぎになってしまいます。隣駅の始発に乗れば、1時間30分早く着ける事が分かり、早朝3時に起きて家を出ました。

2009032202

道路を歩いていると道脇にフキノトウがありました。春ですねぇ。

2009032203

古分屋敷のあたりまで来ると、男体山を見ることができます。かなりごつごつした感じですね。

2009032204

大円地越に向かって谷の中の道を歩いていると、ネコノメソウが咲いていました。

2009032205

ニリンソウの蕾。咲いた時よりも蕾の薄ピンク色がなんとも言えず好きです。

2009032206

大円地越には休憩舎もあります。

2009032207

登っていくと、手に取るように男体山が見えますが、まだアップダウンがあります。左側が切れ落ちていて、なかなかすごい感じ。

2009032208

ようやく頂上に着きます。祠の裏手からは奥久慈の低い山々を眺められますが、崖がなかなかの恐怖感でした。

2009032209

反対側には、まだ雪の残る吾妻連峰が並んでいました。左には日光、高原山、那須などを眺めることができました。

2009032210

上小川への道を分岐すると、少し細くなって月居山へ向かいます。

2009032211

あまり眺めはなく、とにかくアップダウンが多い道。下って、登って、ピークを巻いてという感じで、歩いていきます。修行コースですね。

2009032212

第二展望台は団体さんが占拠していたので、そのまま進み、ようやく着いた423mの第一展望台には三角点がありました。後山という手製の山名板もありました。

2009032213

下って登って、ようやく着いた月居山。観光客のカップルがいてびっくり。袋田の滝から来ているようです。

2009032214

袋田の滝へ向かいますが、また下ってから階段のきつい登り。もうたいした歩きではないと思っていたので、気分的にも辛かったです。途中で右に曲がって生瀬ノ滝の展望台に出ます。意外とこじんまりしています。

2009032215

きつい階段を下ってようやく袋田の滝に着きます。お金を払えば展望台に出ますが、面倒なので下から見ただけにしました。それでも、滝のしぶきが来て、なかなか見応えがありました。

2009032216

バスがたまにあるようでしたが、なんとなく乗らず、途中の袋田温泉もなんとなく素通りしてしまい、袋田駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒船の湯

物語山の帰りはバス時間までかなりあったので、荒船の湯まで歩きました。

2009031520

通常は下仁田駅から市野萱行きのバスで荒船の湯前で下車します。
入浴料は500円と安価。
以前、荒船山へ行った時に入ったことがありますので再訪です。

お湯は含二酸化炭素ーナトリウムー塩化物強塩冷鉱泉ということです。
内湯と露天風呂で、透明なお湯で少し塩素臭があります。

以前入った時は普通のお湯、という感じだったのですが、今回はかなり柔らかいお湯で肌が柔らかくなる感じがあっていいお湯です。ぬるぬるとまではいかないものの、肌のすべすべ感があり、実際、床が滑りやすいです。露天風呂を出た時に一度転びそうになりました。(^^;

後で成分総計を見ると、なんと42.5g/Kgとのこと。でも、加水しているようなので、それほど濃い温泉には思えません。それでも、いいお湯でとても温まりました。

館内で買ったビン牛乳や神津牧場のヨーグルトも美味しく、お土産に下仁田コンニャクを買い込みました。コンニャクは家で食べてみると、弾力性があって、これまた絶品で山と合わせていい思い出になりました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の残る物語山

15日(日)は気になっていた西上州の物語山に行ってきました。
山名の由来として、この岩山で武田の一族が討ち死にしたという伝説や、この近くにあった城を守っていた一族が落城してこの山のどこかに財宝を隠し、メンベ岩へよじ登り、登るときに使った藤づるを切り落として切腹した、といった話があるようです。

2009031501

下仁田駅から市野萱行きのバスに乗り、サンスポーツランド前バス停で下車します。その付近から山を眺められます。

2009031502

林道は台風の影響でずたずたです。掘れてしまっている所や水が流れていたりして、登山道と化しています。途中から沢を渡って登りますが、結構急な所があって、なかなかきついです。ようやく鞍部に着くと、風が吹き抜けて寒い感じでした。

2009031503

まずは西峰へ。

2009031504

妙義山から浅間山へかけての素晴らしい眺めが広がります。

2009031505

風が強いせいか、浅間山は少し雪煙が上がっていました。

2009031506

三角点のある山頂へは少し登りが続きました。

2009031507

こちらからは妙義山の向こうに雪山を見ることができました。

2009031508

下り始めると荒船山を枝の間からなんとか見ることができました。

2009031509

伝説のメンベ岩。ザイルなどがないと、とても登れなさそうです。きっと岩も脆いでしょうね。

2009031510

下りは結構登ってくる人に会いました。時間が早いので、阿唱念の滝へ。結構登らされる上に、あまり訪れる人がいないのか、踏み跡が意外に薄くて落ち葉に埋まっていたりします。ここで光明天皇の兄弟と言われるお坊さんが行をしたという話があるそうです。あまり長居する場所ではないようなので、そそくさと後にしました。

2009031511

山自体は大きくはありませんが、なかなか楽しめた山でした。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

危ない藪山歩き

昨日7日(土)は飯能の忘れられた峠を探しに行きましたが、これが無茶をしてしまいました。

2009030701

飯能駅からバスに乗り、岩根橋で下車しました。
昭和の時代の案内本に従って歩き、赤根峠入口バス停まで歩きます。
しかし、そこにあるはずの林道はなく、どうもバス停が移設されたのではないかと思います。先の方には何やら工事しているのが見えます。どこから登っていいのか、あたりを探っていると、対岸の林に登れそうな所があり、そこへ向かって橋が架けられていました。よし、これだと思って橋を渡り、さきほど見た林の所にわずかな踏み跡があります。それを辿って登っていきます。石標が埋め込まれていて、以前は使われていたものではないかと思います。

尾根に出ると歩きやすくなり、道を辿っていくと、藪が切れて、その先にはまったく山はありません。

そして、そこに見えたものは、なんと広大な造成地!

そう、さきほど登るときにやっていた工事は山をすべて破壊して、まっさらな広大な土地を作る工事だったのです。この時点でかなり慌てますが、右の方にはまだ山が残っているようです。そちらへ向かい、荒れた沢を渡って、さらにもう一つ山を越えると、さらに沢に向かって急降下。ようやく踏み跡を見つけますが、これは下る道のようです。もう一つ越えてみようかと適当に登ろうとしたら、何やら電子音が聞こえてきます。ちょうど12時過ぎ頃。さきほどの工事からして、もしかして、発破なのか?これはやばいぞ、と一目散に先ほどの踏み跡に向かって下ります。

しばらくすると、先ほど歩いてきた方向から「ドドドーン」という音と振動が伝わってきたではありませんか!

仕方なく、さきほどの踏み跡を下ります。途中で左に道が分岐しており、その道を再度登ってみます。小さな広場に出て、そこから急な登りを少し登ると通行止めの表示があり、ここまで。もう歩く気がなくなり、さきほどの広場から左にある道を下りました。

2009030702

軍太利神社に辿り着き、ホッとした所。

2009030703

宝篋印塔がありました。ちょうど作業服を着た地元の方らしい人にお話を聞くと、さきほどの広大な土地は、住宅都市を造っているとのことでした。

2009030704

気を取り直して、多峯主山に向かいます。途中には梅がよく咲いていました。

2009030705

くすの木カントリーの入口の前から右に曲がって入間川を渡り、車道を渡って、さらに少し登ると、右に多峯主山への道が分岐していました。しばらく歩いて、本郷からの道と合流した所。

2009030706

多峯主山は300mにも満たない低山ですが、とてもいい眺めです。

2009030707

こんな時に限って、レンズ1本しか持ってきてないのが悔やまれます。真ん中右は武甲山、その左は大持山、子持山あたりのようです。この写真にはありませんが、ずっと右の方には白い雪山が見え、どうやら日光の山のようでした。

2009030708

東京方面も良い眺め。実際、肉眼では新宿の高層ビル群がはっきりと見えました。大きな望遠レンズを持った人達が何人もいて、撮影していました。

2009030709

天覧山へ。逆に歩くのは初めてなので、新鮮な感じです。

2009030710

天覧山からは、さきほどの山を見ることができました。

やはり前もっての下調べが必要ですね。
かなり無茶をしましたが、これでも懲りていないのが、やばいかも...。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

井荻から善福寺公園へ

山へ行く気力が伴わなかった一日。そんな時はいつも散歩コースを探して歩いています。
ということで、28日(土)は井荻から善福寺公園へ歩きました。新ハイキングという雑誌によく散歩コースが掲載されているので、今回はそのコースです。

2009022801

井荻駅を歩き出し、井草森公園へ。公園の一角には、菜の花が咲いていて、とても明るい感じでした。

2009022805

少し誤って歩きましたが、なんとか四宮公園を探し出し、そこからさらに早稲田通りを渡って観泉寺へ。今川氏の菩提寺だったそうで、かなり大きなお寺です。

2009022804

境内の梅がきれいです。春になれば、有名なシダレザクラも咲くことでしょう。

2009022803

お寺の門前には、小さな一角に梅が咲いていて、その周りに石仏などが並べられています。他の所にあったものをここに集められたものではないかと思われますが、定かではありません。

2009022802

その中に双体道祖神があって、びっくり。こんなところで見掛けるとは思いませんでした。風化していて、いつ頃のものか分かりません。

2009022806

しばらく歩き、青梅街道に出て、井草八幡宮へ。

2009022809

善福寺公園の上池は結構大きいですね。

2009022807

小さく囲ってあるところがあって、鴨がたくさんいました。

2009022808

その先へ行くと今度は鯉がたくさん。餌をあげている人がいたのかな。

2009022810

花付きがあまりよくありませんが、ダンコウバイがちらほらと咲いていました。

西荻窪駅へ出て、いくつか古書店を巡ったのですが、いい山の本に巡り会えず、とぼとぼと帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »