« 梅まつり百草園 | トップページ | 危ない藪山歩き »

井荻から善福寺公園へ

山へ行く気力が伴わなかった一日。そんな時はいつも散歩コースを探して歩いています。
ということで、28日(土)は井荻から善福寺公園へ歩きました。新ハイキングという雑誌によく散歩コースが掲載されているので、今回はそのコースです。

2009022801

井荻駅を歩き出し、井草森公園へ。公園の一角には、菜の花が咲いていて、とても明るい感じでした。

2009022805

少し誤って歩きましたが、なんとか四宮公園を探し出し、そこからさらに早稲田通りを渡って観泉寺へ。今川氏の菩提寺だったそうで、かなり大きなお寺です。

2009022804

境内の梅がきれいです。春になれば、有名なシダレザクラも咲くことでしょう。

2009022803

お寺の門前には、小さな一角に梅が咲いていて、その周りに石仏などが並べられています。他の所にあったものをここに集められたものではないかと思われますが、定かではありません。

2009022802

その中に双体道祖神があって、びっくり。こんなところで見掛けるとは思いませんでした。風化していて、いつ頃のものか分かりません。

2009022806

しばらく歩き、青梅街道に出て、井草八幡宮へ。

2009022809

善福寺公園の上池は結構大きいですね。

2009022807

小さく囲ってあるところがあって、鴨がたくさんいました。

2009022808

その先へ行くと今度は鯉がたくさん。餌をあげている人がいたのかな。

2009022810

花付きがあまりよくありませんが、ダンコウバイがちらほらと咲いていました。

西荻窪駅へ出て、いくつか古書店を巡ったのですが、いい山の本に巡り会えず、とぼとぼと帰途につきました。

« 梅まつり百草園 | トップページ | 危ない藪山歩き »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井荻から善福寺公園へ:

« 梅まつり百草園 | トップページ | 危ない藪山歩き »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ