« 奥久慈男体山から袋田の滝へ | トップページ | 沢渡温泉 まるほん旅館 »

菅峰と丸岩へ

29日(日)は群馬の菅峰と丸岩を登りました。

2009033001

味をしめたので、この日も3時起き。これで新幹線代を浮かせた分で、吾妻線長野原草津口駅からタクシーで須賀尾峠まで上がります。3050円でした。

2009033002

まずは菅峰を目指します。どうせ曇りだと思っていたら、天気が良くなってきて、笹の生える気持ちのいい道に。雪がまだ残っています。ちらっと、動物が見えました。クマかと思いましたけど、白っぽかったのでカモシカだったみたいです。

2009033003

鞍部から先はかなりの登り。雪が少し深くなります。土曜日に登った人がいるらしく、トレースが残っていましたので、それを追いました。途中でショートカットしていたので、忠実に追いましたが、結構きつかった。でも、稜線は気持ちのいい軽い雪道です。

2009033004

途中からは少し眺めがあります。草津方面は少し雲が出ているようです。

2009033005

意外に早く菅峰の山頂に着きます。去年、地元の小学5年生が登ったらしく、木の看板がありました。ふと、気づくと手袋がない!あれ、また無くしたのかな~。(T_T)

2009033006

同じ道を下っていくと、手袋あった~~~!!!\(^^)/

2009033007

天気のいい日は気持ちいいですね。でも、何度も滑ってしまいました。

2009033010

須賀尾峠へ戻り、少し車道を下って、丸岩の登山口へ。

2009033008

少し急な所もありますが、登っていくと、少し平な感じの所に出ます。少し奥の方に歩いていくと、木にもたれかけるような形で大弁才天と書かれた石がありました。その先へ行ってみましたが、特になにもなく、このあたりが山頂のようでした。

2009033011

ランチを楽しんだ後、また登山口まで戻ります。帰りは道路を長野原草津口まで下ります。途中からは雪山を眺めることができました。

2009033012

だいぶ下ると、丸岩が見えますが、この角度だと岩壁に空の青が反射して不気味な感じでした。

2009033013

長野原草津口へ向かう橋を渡っていると、草津の平な感じの山を見ることができました。

« 奥久慈男体山から袋田の滝へ | トップページ | 沢渡温泉 まるほん旅館 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

群馬の低山は新ハイの記事に出るたびにちょっと気にしてて、
今回リブルさんが歩かれた菅峰と丸岩もそんなひとつではなく二つでした。(^^;;;

先週は天気が良かったからなんとも気持ちよさそうですね。
花粉のシーズンが終わったらボクもちょっと遠出してみたいと思っています。

komadoさん、こんにちは。

あれ、こちらの方、気になっていましたか。
須賀尾峠からだとごくごく簡単な歩きですが、なかなか楽しいです。
komadoさんなら、きっと高ヂョッキも楽に往復できますね。
くもりの予定でしたが、予想外に天気が良かったので、ほんと気持ちよかったです。
特に菅峰は写真にもあるように笹の稜線が山深い雰囲気でいい感じでした。
丸岩はイメージほどではなかったです。まあ、こんなもんかなって感じ。

吾妻付近の山は人が少ないのがいいですね。
10年越しで狙っている山があるのですが、いまだに計画倒れで未踏だったりします。

18切符がまだあるので、遠出の連続なのですが、
お花も少しは追いかけたいなぁというのが実は本音だったりしますよ。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅峰と丸岩へ:

« 奥久慈男体山から袋田の滝へ | トップページ | 沢渡温泉 まるほん旅館 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ