« ほったらかし温泉 | トップページ | 岩稜歩きの二子山へ »

早乙女温泉

18切符が一枚余ったので、5日(日)は久しぶりに温泉へ行くことにしました。
硫黄泉系がいいなぁ、と考えたら、草津や川原湯温泉、那須などを思いつきましたけど、久しぶりに喜連川系もいいかなと考えて、早乙女温泉に行くことにしました。

以前、ここには来たことがあるので再訪になります。その時は喜連川温泉をいくつも巡った後だったのでグロッキー状態での入浴。あまりにも強烈な印象で、長くは入れませんでした。

2009040501

氏家駅から喜連川・馬頭方面行きのバスに乗り、約15分の松山東で下車して、徒歩10分ほどです。バス停から少し戻って、右に坂を登れば着きます。建物に近づいただけで温泉の匂いがしてきます。

喜連川方面の東野交通のバスはかなり本数が少ないです。また、送迎バスも本数が少ないもののあるようなので、利用される方はHPを確認してみてください。

入浴料は1000円とちょっと高め。前に来た時はもう少し安かったような。値上がりしたのでしょうね。

含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉のお湯は、入った時はエメラルドグリーンの透明なきれいなお湯でした。しかし、30分ほど休んでから再度浴場に入ると、なんと白濁しています。お湯の色が変化する、ということは聞いていましたが、自分がいる間に変わるとは思いませんでした。夜は完全に白濁のお湯になるらしいです。

この温泉はとにかく匂いが強烈です。そのせいか、木造の浴場は半露天風呂のようになっていて、吹き抜けが大きく、窓はビニール張りだったりします。喜連川温泉の露天風呂も強烈なモール臭がありますが、ここはさらに硫黄を加えた香りがして、珍しい匂いです。

塩化物系の温泉ですから、温まりますし、成分が強力なので、あまり長湯はしない方がいいと思います。成分総計15.84gは相当な濃いお湯です。そのために加水だけしているようです。循環なし、掛け流しのお湯で、療養にも良さそうです。

本当に濃い温泉で温まりました。

« ほったらかし温泉 | トップページ | 岩稜歩きの二子山へ »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早乙女温泉:

« ほったらかし温泉 | トップページ | 岩稜歩きの二子山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ