« 沢渡温泉 まるほん旅館 | トップページ | 沢渡温泉共同浴場 »

有笠山

30日(月)は沢渡温泉のすぐ近くにある有笠山へ。この山を知ったのは、以前、暮坂峠を越えて沢渡温泉まで歩いてきた時のこと。不思議な岩峰があるなぁと横目で見ながら歩いたのがきっかけでした。調べてみると、登山道があって登ることができるということで出掛けました。

2009033021

旅館を出て下っていくと、目の前に見えてくるのが、有笠山です。

2009033022

有笠山荘の横を通って、林道をしばらく歩きます。ひっそりと登山口があります。

2009033023

しばらく登ると西石門と書かれた道標があり、右へ少し登るとありました。大きな石をわざと載せたような感じです。つららの大きさにびっくり。

2009033024

登っていくとなかなかいい景色です。しかし、この先の鎖場が強烈。ザックが岩にひっかかってバランスを少し崩してしまい、マジにビビります。心臓バクバク、足が震えました。それでも、なんとか登っていきます。

2009033025

ようやく着いた山頂。特に眺めもなく、どうということもない山頂でした。でも、なぜか充実感たっぷり。

2009033026

同じ鎖場を下ることになりますが、気持ちを落ち着かせてゆっくり下るようにすれば、そんなに怖くはありませんでした。別な道に入り、下っていくと、住居跡に出ます。いくつか洞穴があるのが見えました。

2009033027

ようやくついた東登山口。ホッとしました。ここからはまた林道歩き。

2009033028

分岐点あたりからの有笠山。結構精神的にも疲れた山でした。

« 沢渡温泉 まるほん旅館 | トップページ | 沢渡温泉共同浴場 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

大変失礼致しました^^;
お出かけされてたんですねー、しかも遠くへ。
18きっぷ、という手がありましたね。
私も以前18きっぷで草津まで行ったことがありますが、結構遠いですよね。
でも、それが旅の醍醐味と思えばそれもまた楽しい

cyu2さん、こんにちは。

ええ、ここのところ18切符を利用しています。
吾妻線は本数が少ないし、ちょうど利用するのにいい時間は特急ばかりですから、使いにくいですね。
18切符だけだと草津は行きにくいので、高崎まで普通で行って、
高崎から長野原草津口へ行きだけ特急利用するとか、そういう使い方もありですよ。
帰りは普通列車で帰れば、元もとれますし。

そうですね。
最近は不便を楽しむのも旅だなぁと思うようになりました。
今回は山は小さいし、歩く時間もそんなに長くはないけれど、
記憶に残るとても充実した山歩きでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有笠山:

« 沢渡温泉 まるほん旅館 | トップページ | 沢渡温泉共同浴場 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ