« 天地山、御前山付近のお花達 | トップページ | 高尾山から矢の音付近のお花達 »

高尾山から明王峠、与瀬神社へ

25日(日)は高尾山へ出掛けました。

2009042601

いつもの日影沢コースから高尾山へ。分岐に出ると人が多かったので、山頂は巻いてしまいます。モミジ台の手前のあたりはヤマザクラがまだ咲いていました。

2009042602

富士山の下だけよく見えましたが、残念ながら上は雲の中。

2009042603

一丁平あたりは新緑がとてもきれいでした。

2009042604

城山山頂では八重桜が満開。

2009042605

いつもこの木は赤いようですね。

2009042606

まだまだ天気がいいのにつられて景信山へ。やっぱりいい眺め。

2009042607

景信山から降りようと思っていましたが、まだ歩けそうなので陣馬山方面に向かいます。底沢峠近くの切り開きからは奥多摩方面がよく見えます。真ん中の特徴的な形は大岳山ですね。

2009042608

明王峠で一休み。富士山の雲が晴れそうになったのでおっと思いましたが、また雲に隠れてしまいました。

2009042609

下山は相模湖に下ることにします。石投げ地蔵はすぐです。

2009042610

意外と長い感じで、与瀬神社まで結構ありました。

2009042611

鳥居からは相模湖が見えます。渋滞している高速道を見ながら下り、これまた渋滞している一般道を歩いて相模湖駅に出ました。

« 天地山、御前山付近のお花達 | トップページ | 高尾山から矢の音付近のお花達 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山から明王峠、与瀬神社へ:

« 天地山、御前山付近のお花達 | トップページ | 高尾山から矢の音付近のお花達 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ