« 棚山付近のお花 | トップページ | 早乙女温泉 »

ほったらかし温泉

棚山から下ってほったらかし温泉に着きました。
通常は山梨市駅から車で10分ほどの所です。

2009040415

「こっちの湯」と「あっちの湯」があります。「こっちの湯」が先で、「あっちの湯」が後からできたものということです。入浴料は片方700円です。離れていて別料金になっているので、両方には入れないのが痛いところ。

どちらにしようか悩みましたが、「こっちの湯」は富士山がメイン。「あっちの湯」は広さがメインです。この日は富士山はぼんやり。ということで、広い方がいいなと「あっちの湯」にしました。

内湯は小さいです。まあ、上がり湯という感じでしょう。少し熱めですが、柔らかいお湯で肌がしっとりとする、なかなかいいお湯です。

少し温まった所で、外に出ると、広い露天風呂。2段になっていて、上が長方形のお風呂で、下が石作りのお風呂になっています。いずれも少しぬるめになっていました。上のお風呂から見ると、下のお風呂が隠されて、広い甲府盆地を眺められます。また、下のお風呂からはカヤ越しに眺めを楽しむことができます。昔の山の写真集だと、カヤ越しの眺めの写真がよく乗っていましたが、最近はカヤが生えている山が少なくなったので、そんな写真もなくなってしまいました。なので、ちょっと懐かしい感じで入りました。

湯上がりにイチゴのソフトクリームを頼んだら、濃厚な味でしたが、キンキンに冷えた感じで、久しぶりに頭が痛くなりました。(^^;

« 棚山付近のお花 | トップページ | 早乙女温泉 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

〝あっちの湯〟と〝こっちの湯〟、私も一度行きたいと思っているのですが、なかなか〝そっちの山〟へ行く機会がありません。温泉地から駅まで歩いたようですが、どのくらいの時間がかかりましたか?

なかなかこのあたりの山へ来る機会は少ないですけど、
比較的静かな山が結構あります。
兜山や棚山はJRの駅からそのまま歩きますので、
余計な時間を食わないのがいいです。
そのかわりアプローチが少し長いですけど。

そのうちにホームページの方にレポ上げます。
が、最近遅れ気味なので書いておきますが、約1時間でした。

車道をそのまま行くと長いので、フルーツ公園の手前をまっすぐ降りる道を下りました。
それに適当にショートカット道を探して下りました。
ちょうど桜もきれいであまり長くは感じませんでした。
でも、温泉入った後に1時間歩くのは結構大変ですし、やはりタクシーがお奨めかと。
自分は結局汗かきました。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほったらかし温泉:

« 棚山付近のお花 | トップページ | 早乙女温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ