« 菅峰と丸岩へ | トップページ | 有笠山 »

沢渡温泉 まるほん旅館

久しぶりに泊まりは沢渡温泉のまるほん旅館にしました。

2009033020

沢渡温泉は吾妻線中之条駅からバスで約30分ほどの所にあります。
旅館・民宿が10数軒という所でしょうか。
遊ぶような所はなく、食事処もあまりないという本当に湯治場という感じの温泉です。
暮坂峠に向かう車が多い所ですが、温泉街を通らないバイパス道路がありますので意外に静かです。

まるほん旅館はその中でも老舗の旅館。秘湯の宿にも入っています。湯小屋形式のお風呂は群馬県でも数少ないもののようです。もう何度も泊まっているのですが、このblogを始めてからは初訪問でしょうか。

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉のお湯は少しピリッとしたお湯です。でも、以前よりもだいぶまろやかな感じに思えました。青い石を使った檜作りのお風呂は誰が入っても癒されるお湯だと思います。源泉は飲むことも可能で、胃腸に効くそうです。お湯に入っていると温泉臭しか分かりませんが、飲むとごく微量ですが硫黄の香りがあります。そのせいか朝などはお湯をかき回すと少し白い湯花が舞い上がるのが分かります。

ちなみに通常は混浴ですが、女性専用時間もしっかりあります。自分が入浴している時、年のいったご夫婦が降りてきて入浴されていました。混浴というとジロジロ見るようなバカな男がいたりしますが、日曜日の宿泊ということもあって、そんなやつはいませんでした。えっ、自分はどうかって?もちろん、体をずらして、見えない位置に移動しましたよ。それが常識ってもんです。(^^ゞ

やっぱりいい温泉でした。

ちなみに、この旅館の前にあるお店の温泉饅頭もお奨めです。ほどよい甘さでなかなか美味しいです。(^^)

« 菅峰と丸岩へ | トップページ | 有笠山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

きゃー沢渡温泉だ!!
今年はまだ行っていないので行きたくなりました!
若旦那はお元気でしょうか。
やはりここはいいですよね~。
でも、できれば入り口の扉は昔のガラガラ戸がよかったなあ~。
若旦那が取り仕切ってからは色々とリニューアルしてますもんね。
目の前の温泉まんじゅうときび大福好物です!!
きび大福は早くいかないと売れきれてしまいますね。

Mineraさん、こんにちは。

久しぶりに泊まるとやはりいいですね。
若旦那さんがお会計でした。
番頭さんは、自分が初めていった時から変わっていないですね。
かなりお年を召されたようですけどお元気でした。
そういえば、気づきませんでしたが確かにガラガラ戸ではなくなってますね。

キビ大福は結構でかいですよね。
一度、箱に入ったものを買って帰ったのですが、
あまりにも大きすぎて全部食べきれず、後悔したことがあります。
時間が経つと固くなるし、少しで良いのですが、
どうも小心者なので、なかなか「一つ下さい。」と言えないです...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沢渡温泉 まるほん旅館:

« 菅峰と丸岩へ | トップページ | 有笠山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ