« 町田七国山から町田ぼたん園 | トップページ | 日陰名栗峰南尾根から千本ツツジ、赤指尾根 »

日陰本田山と戸倉城山

23日(土)は五日市の戸倉付近の超低山を歩いてきました。

体調が今ひとつだったのですが、先週も歩いていないし、日曜日は天気が悪そうなのであえて出掛けます。9時30分過ぎに沢戸橋バス停に着きました。

2009052301

取り付きで少し失敗したものの、道を拾って尾根に出ます。

2009052302

篠八窪尾根を登っていきます。すると、道標が出てきてびっくり。みなと区民の森として「タカ見峠」と書かれていました。家に帰ってから調べると、港区があきるの市から市有林を借り受けて、手つかずだった森を間伐などで整備をしていく事業のようです。

2009052303

木が伐採されて眺めのいい尾根を登っていきます。その代わり太陽の光が燦々と降り注いで暑いです。(^^;

2009052304

風もなくなって、汗をかきながらひたすら登ります。ピークとも呼べない場所で、左と右に道が分岐します。写真の方が刈寄山方面の道です。でも、今は採石場で歩けないそうです。

2009052305

しばらくアップダウンをこなすと、日陰本田山と思われる場所に着きました。山名板などもなく、樹林の中の静かな山頂です。

2009052306

地図と磁石で確認しながら尾根を下ります。かなり分かりにくい尾根でした。最後でヤブの中の細道を下りますが、転んでしまいました。写真は盆堀川の橋を渡った所。

2009052307

少し先から荷田子峠へ向かいます。

2009052308

荷田子峠付近からの眺め。三頭山が左奥にわずかに見えました。

2009052309

久しぶりに荷田子峠に来ました。道標に瀬音の湯と書かれていたので、ちょっと誘惑されましたが、ここは城山へ向かいます。

2009052311

アップダウンを繰り返して、城山へ。山頂直下には当時の礎石らしきものが残っていました。

2009052312

城山からはなかなかの眺め。冬場の空気が澄んだ日ならかなり見渡せるのではないかと思います。

2009052313

光巌寺へ下ります。巻き道は通行禁止になっていましたので、山頂からのきつい道を下りました。ちょっとした岩場などもありますが、きついだけで危険な道ではありませんでした。

2009052314

着いた戸倉バス停からは城山を見ることが出来ました。

2009052315

魔よけなのか、バス停手前の電柱にはかわいい置物がありました。

« 町田七国山から町田ぼたん園 | トップページ | 日陰名栗峰南尾根から千本ツツジ、赤指尾根 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

戸倉の辺りでは 相当暑かったのではないでしょうか?
昨年暑い時期に歩いて 懲りたので 涼しくなったら
歩きたいなと思います。
戸倉城山からの展望はなかなかのものなんですね~

いっきさん、こんにちは。

ほんとうにこの日は滅茶苦茶暑かったです。
荷田子峠から城山に向かった時、久しぶりにクラッと来ました。(^^;

城山は戸倉三山のいくつかのついでに歩くといいかもしれません。
やはり城跡は、戦略上の要衝で見晴がいい場所にありますね。
礎石が残っていたのはびっくりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日陰本田山と戸倉城山:

« 町田七国山から町田ぼたん園 | トップページ | 日陰名栗峰南尾根から千本ツツジ、赤指尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ