« 秋山温泉 | トップページ | イワカガミを見に大沢山から笹子峠 »

八丁山から鷹ノ巣山、水根沢林道へ

4日(祝)は久しぶりに奥多摩。それも前から温めていたプランで八丁山を目指しました。

2009050401

知らない山は早立ちが原則。1番バスに乗り、東日原へ。これで7時前から歩き出せました。鷹ノ巣山への道に入るあたりから稲村岩の向こうに見えるのが、八丁山だと思います。

2009050402

巳の戸尾根に取り付き、尾根に出たあたりは自然林の新緑がきれいでした。

2009050403

急登なんかもあって、頑張って登っていくと岩場に出ます。そのあたりからはなかなか形のいい鷹ノ巣山を見ることができます。右はお伊勢山でしょう。先日二子山で岩に慣れたのであまり難しくは感じませんでしたが、崖の上を登るところがあったりして少し緊張します。

2009050404

岩場を通過すれば、八丁山は意外に近い感じでした。思ったよりもあっけなかったものの、ようやく念願の山頂に来ることができました。

2009050405

お伊勢山に向かうとミツバツツジがちらほら咲いていました。

2009050406

きのこも大きいです。

2009050407

お伊勢山に到着。最初気が付かなくて、腰を下ろしてふと右を見たら、木の根本にこの標識がありました。

2009050408

しばらくのアップダウンで鞘口ノクビレに着きます。根元がだいぶ弱っているので、そろそろこの道標も倒れそうな感じですね。右には昭和の頃の遭難碑があって、書いてある文を読むと心を打たれます。

2009050409

シノダケの藪は枯れた感じで勢いはなく、わずかにかき分ける程度で登れます。鹿の糞を点々と見ました。急登を頑張ると、一般道に出て、ヒルメシクイノタワに着きました。よく見るとこの道標もかなり古そうですね。

2009050410

山頂直下付近はまだ芽吹き前という感じでした。

2009050411

久しぶりの鷹ノ巣山。天気があまり良くないだけにこんなものでしょう。

2009050412

下りはしばらく榧ノ木尾根方面に歩いてから、水根沢林道に入ります。しばらく下ると、素晴らしい新緑の森になります。

2009050413

なかなか写真では表現が難しいですが、肉眼だともっともっときれいでした。

2009050414_2

結構高巻いてしまうので、谷から離れてしまいます。

2009050415

寒いのか、まだマルバスミレがきれいに咲いていました。

2009050416

ヤマツツジはこれ1本だけでした。

2009050417

車道に一度降りて、水根へ向かう遊歩道に入ると、ウツギが咲いていました。水根では1時間待ちでしたので、奥多摩湖バス停まで行きました。しばらくすると、観光客が多いので臨時バスが出て、思ったよりも早く帰れました。

« 秋山温泉 | トップページ | イワカガミを見に大沢山から笹子峠 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八丁山から鷹ノ巣山、水根沢林道へ:

« 秋山温泉 | トップページ | イワカガミを見に大沢山から笹子峠 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ