« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

オーレン小屋へ酔っぱらいに

土日はネット仲間と八ヶ岳のオーレン小屋へ酔っぱらいに行きました。

2009062801

美濃戸口の駐車場から歩き始めます。

2009062802

ちょっと退屈な林道歩きが続きます。

2009062803

まだヤマツツジが咲いていました。

2009062804

美濃戸から北沢へ入ります。前にはなかった木道が出来ていました。

2009062805

久しぶりの赤岳鉱泉で一休み。

2009062806

赤岩の頭へは、ちょっときつい登りが続いてようやく到着。

2009062807

峰の松目へ向かいます。

2009062808

樹林帯は八ヶ岳らしい雰囲気の森が続きます。

2009062809

久しぶりに来た峰の松目。相変わらず、あまり眺めのない静かな山頂でした。

2009062810

ようやく到着。小屋の夕食は桜肉のすき焼き。たくさん飲んで楽しい一時でした。

2009062811

次の日は直接登り返して赤岩の頭に着きますが、かなりの強い風。雨具を付けても寒いぐらいの風でした。

2009062815

久しぶりの硫黄岳からはやはり横岳から赤岳、阿弥陀岳などの眺めを楽しめます。その向こうにはうっすらとしていますが、南アルプスの北岳や甲斐駒ヶ岳などを見ることができました。

2009062814

北八ヶ岳方面もいい雰囲気でした。正面は天狗岳ですね。

2009062816

下る道すがらにはコイワカガミがよく咲いていました。

2009062817

同じ道を美濃戸口まで戻りました。やはり美濃戸山荘で飲む牛乳と無料で出してくれる野沢菜はいつものことながら美味しいものでした。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥武蔵滝巡り(五常の滝、宿谷の滝、獅子ヶ滝)

21日(土)は奥武蔵の滝巡りに行きました。

2009062001

武蔵横手駅からしばらく林道を歩きます。杉林は花粉の頃は歩きたくないですけど、この時期はしっとりしていていい感じ。ひんやりした空気が漂っていました。

2009062002

しばらく歩いて行きますが、知らないうちに分岐を通り過ぎてしまって、少し戻って矢印の書かれた所から脇道に入ると、五常の滝に着きました。そんなに大きくはありません。祠も近くにありました。

2009062003

途中から右に入って小瀬名の集落の近くに出ます。日当たりのいい所ではひさしぶりに蛇を見掛けました。右へ続く道をしばらく歩くと道標のある場所に出ました。

2009062004

緩やかな道を歩いて物見山へ。湿気でぼんやりとしていて、展望はありませんでした。

2009062005

少し戻って、宿谷の滝へ。白装束を着て、滝に打たれる修行を行っているグループがおりました。どちらかというと女性が多かった模様。気持ちよさそうに見えましたが、意外に水は冷たかったので、長い時間当たると体が冷えそうです。

2009062006

鎌北湖のあたりでは、シモツケソウが咲いていました。

2009062010

鎌北湖から獅子ヶ滝へ向かいますが、ユースホステルのあたりから誤って北向地蔵への道を登ってしまいました。途中で気が付き、そのまま少し登って林道へ出て、その林道を下って元の道に戻ります。第二駐車場の所から写真右の林道に入りました。

2009062007

アジサイがよく咲いていました。

2009062008

ユガテ分岐でどちらに行くのか迷いましたが、右の道路をそのまま登ると、ダート道に変わって山を切り通しで越え、下り着いた所を左に入ると獅子ヶ滝に着きました。これも小さな滝。ジュラルミンケースを持ち込んで一眼レフで本格的に撮影をしているおじさんがいました。

2009062009

獅子ヶ滝からは長い車道歩きになります。少し先に御泉水と書かれた水場があり、冷たい水でした。汲みに来ている人がいたようです。天気が良くなって晴れるとやはり暑い。途中に石仏がありますがこの付近の廃寺にあったものということで1400年代の作のようです。彫りが薄くなっているのは、やはり500年以上の時の流れを感じさせるものでした。この後は東毛呂駅へ出ましたが、ちょうどお昼に着いてしまい、午前中で終わった山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北八ヶ岳のお花達

お花散歩に相応しく、たくさんのお花を見ることができました。

2009061334

やっぱりなんと言ってもメインはこのクモイさんでしょう。

2009061320

コミヤマカタバミは寒いせいか花が開いていないものが多かったですが、これは少し咲きかけていました。
2009061324

でも、なんとか咲いているのも見つけました。

2009061321

スミレが見られると思っていませんでしたが、これはウスバスミレのようです。見るのは初めてで、ちょっと感激。小さくてとってもかわいいスミレでした。

2009061322

樹林帯にはたくさんのミツバオウレンが咲いていました。

2009061323

ショウジョウバカマも発見。これ一つしか見ませんでした。咲き遅れたのかな?

2009061325

イワカガミも見つけました。

2009061327

キバナノコマノツメですね。

2009061326

たくさん咲いていたよ~~~。

2009061329

ベニバナイチヤクソウは本当によく咲いていました。

2009061330

表現しきれないけど、この写真の密度でそこらじゅうに咲いているんですよ!それは壮観でした。

2009061331

クリンソウもまとめて咲いていてすごいです。

2009061332

案内にあった場所にスズランはなくて、咲いてないのかなぁ、とちょっとがっかりでしたが、帰りがけにふと見ると、足下に発見しました!

2009061333

ササギンさんもいらっしゃいました。

2009061328

これも写真では表現が難しかったけど、レンゲツツジもたくさん咲いておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北八ヶ岳トレッキング ロープウェイ~麦草峠~八千穂高原自然園

13日(土)は久しぶりに北八ヶ岳のトレッキングに行ってきました。あえてピークは踏まず、のんびりハイクにしました。

2009061301

一番電車を乗り継いで茅野駅へ。東京発で8:03のバスに乗れる人は少ないでしょう。そのせいか茅野駅から乗ったのは自分一人でした。ロープウェイを下車すると、寒い風が吹いています。気温8度だそうです。お天気も今ひとつで気分ものりません。

2009061302

北八ヶ岳はやはり森だよね。五辻に向かいます。

2009061303

あえてのんびり、時間をかけて歩きます。ようやく五辻。

2009061304

その先へ行くと、なんと山桜がまだ咲き残っていました。これにはびっくり。

2009061305

樹林の山旅という感じですね。針葉樹林のツンとした香りがたまりません。

2009061306

途中に大石峠80分という表示があったので少しスピードを戻して出会いの辻。ここから左に曲がって大石峠を目指します。

2009061307

途中までは涸れ沢のような所を緩やかに登っていきます。途中から笹原になってしばらく歩くと大石峠に着きました。

2009061308

久しぶりの麦草ヒュッテに着きます。お茶にしようと中に入ってコーヒーを頼みました。ストーブに薪をくべてくれて、ほんのり暖かくなりました。

2009061309

白駒池に向かう所で振り返ると、茶臼山や縞枯山の眺めがなかなかいいものでした。

2009061310

白駒池も久しぶりだなぁ。前と変わらず静かな池ですね。

2009061311

八千穂高原自然園に向かいます。こちらも森の中を歩くなかなか良い静かな道。

2009061312

途中、車道を歩き、また自然歩道に戻りますが、林道を歩いていると、なかなか下る道が出てきません。おかしいと思って同じ道を戻ることにすると、15分ぐらい戻ってようやくこの標識がありましたが、歩いていて全然見た記憶がありません。何かに引き込まれたのでしょうか。30分はロスしてしまいました。

2009061313

ようやく正しい剣が峰を通ります。

2009061314

先へ行くと、眼下にスキー場と八千穂レイクが見えてきました。

2009061315

左には茶臼山や縞枯山が。これで見納めですね。

2009061317

あまり人の歩かなさそうな道を下るとスキー場に出ました。そのままスキー場の中を下り、道路を歩いて八千穂高原自然園に着きます。

2009061316

レンゲツツジが見頃でした。

2009061318

目の前に千曲バスのバス停があります。一日二本しかありません。私しか乗らないかと思ったら、ご夫婦らしき方が一組乗りました。駅まで乗ったのはこの3人だけでした。行きのバスはどのくらい乗るのか分かりませんが、この路線も存続は危なそうな雰囲気ですね。茅野からの麦草峠行きよりは運行されますが、期間限定なので注意が必要です。

2009061319

もう一度来ることがあるかどうか分からない八千穂駅。民間委託らしく、ここで切符を買うと一部は佐久穂町の収入になると案内書きが駅にありました。小淵沢周りで帰りましたが、乗り継ぎがとても悪く、家に着いたのは深夜になっていて疲れました。やはり特急を使うのが現実的ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日陰名栗峰南尾根、赤指尾根付近のお花

もちろん、お花もいろいろ見られました。

2009060720

やっぱりヤマツツジの朱色は目を惹きますね。

2009060721

初めて奥多摩でクリンソウを見ることができました。植栽じゃないよねぇ。左はフタリシズカでしょう。

2009060722

シロスミレ。

2009060723

ズミの花も満開でした。

2009060724

ミツバツツジは終わりかけでした。

2009060726

ミヤマザクラでしょうか。

2009060725

チチブドウダンだと思います。これはお初でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏季限定ツーデーパス発売!

公共交通機関利用の方にお得な情報。

本日、ニュースを見ていたら、JR東日本から高速1000円に対抗して、「ツーデーパス」を発売することになったそうです。

7月~9月の夏期限定ですが、六日町までとか、会津田島、別所温泉、下諏訪など、結構広いエリアでJR以外の会津鉄道、北越急行、上田電鉄、鹿島臨海鉄道、富士急行、東京湾フェリー、京浜急行バスなどが利用できるようです。特急料金を払えば、新幹線も乗れます。

5千円という値段は日帰りだと微妙ですが、2日をフルに遊ぶなら、結構お得かも。

こんなお得な切符は通年発売してくれないかな~~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日陰名栗峰南尾根から千本ツツジ、赤指尾根

7日(日)は久しぶりの好天。ツツジを見に奥多摩へ出掛けました。

2009060701

久しぶりに峰谷から。バスは午前中は奥多摩発7時50分しか使えません。行程を考えるともう少し早いといいのですけど。日陰名栗峰南尾根に取り付きます。山名は地形図は「日陰名栗山」、登山地図は「日陰名栗峰」とあります。下部は少しきついけれど、なかなかいい尾根。

2009060702

しかし、それはあまーーーい。(すでに古っ)
久しぶりにかなりの笹藪で少し踏まれた下道がなければ、きっと敗退したことでしょう。滑った時に手にささったりしました。やはり軍手が必要みたいです。

2009060703

なんとか縦走路に這い上がり、しばらく鷹ノ巣山方面に進み、防火帯を無理矢理登ります。ツツジがよく咲いていて、なかなかいい眺めでした。

2009060704

右奥は雲取山、左奥は飛竜山でしょうか。そう言えばどちらも最近歩いていないなぁ。見るとちょっと行きたくなりますね。

2009060705

高丸山への登りは短いけれどかなりきつかったです。このあと、千本ツツジへ行きましたが、山菜採りの人が多かったです。人が多かったのと、ツツジの写真に夢中になってそのあたりの写真を取り忘れました。

2009060706

赤指尾根を下山します。

2009060707

赤指山は静かなピーク。

2009060708

ちょっとミスってしまいましたが、尾根に復帰して、1104mのピーク付近。

2009060709

尾平山では植林の枝打ちや間伐がされていて、山名盤も取り外されていたようで見あたりませんでした。三角点があったのでそれと分かりました。

2009060710

途中で踏み跡がなくなり、きつい斜面をなんとか下って高修寺に着きました。この先、地形図の破線通りに下った所、沢沿いの道は崩壊しており、時間も4時近くなってだいぶ焦りましたが、なんとか小留浦に下れました。深山橋バス停に向かうと、小菅から来たバスがちょうど通り過ぎるのが見え、45分待ちとなってしまい、疲れた山行を思い返しながらのんびりバスを待ちました。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »