« 日陰本田山と戸倉城山 | トップページ | 夏季限定ツーデーパス発売! »

日陰名栗峰南尾根から千本ツツジ、赤指尾根

7日(日)は久しぶりの好天。ツツジを見に奥多摩へ出掛けました。

2009060701

久しぶりに峰谷から。バスは午前中は奥多摩発7時50分しか使えません。行程を考えるともう少し早いといいのですけど。日陰名栗峰南尾根に取り付きます。山名は地形図は「日陰名栗山」、登山地図は「日陰名栗峰」とあります。下部は少しきついけれど、なかなかいい尾根。

2009060702

しかし、それはあまーーーい。(すでに古っ)
久しぶりにかなりの笹藪で少し踏まれた下道がなければ、きっと敗退したことでしょう。滑った時に手にささったりしました。やはり軍手が必要みたいです。

2009060703

なんとか縦走路に這い上がり、しばらく鷹ノ巣山方面に進み、防火帯を無理矢理登ります。ツツジがよく咲いていて、なかなかいい眺めでした。

2009060704

右奥は雲取山、左奥は飛竜山でしょうか。そう言えばどちらも最近歩いていないなぁ。見るとちょっと行きたくなりますね。

2009060705

高丸山への登りは短いけれどかなりきつかったです。このあと、千本ツツジへ行きましたが、山菜採りの人が多かったです。人が多かったのと、ツツジの写真に夢中になってそのあたりの写真を取り忘れました。

2009060706

赤指尾根を下山します。

2009060707

赤指山は静かなピーク。

2009060708

ちょっとミスってしまいましたが、尾根に復帰して、1104mのピーク付近。

2009060709

尾平山では植林の枝打ちや間伐がされていて、山名盤も取り外されていたようで見あたりませんでした。三角点があったのでそれと分かりました。

2009060710

途中で踏み跡がなくなり、きつい斜面をなんとか下って高修寺に着きました。この先、地形図の破線通りに下った所、沢沿いの道は崩壊しており、時間も4時近くなってだいぶ焦りましたが、なんとか小留浦に下れました。深山橋バス停に向かうと、小菅から来たバスがちょうど通り過ぎるのが見え、45分待ちとなってしまい、疲れた山行を思い返しながらのんびりバスを待ちました。

 

« 日陰本田山と戸倉城山 | トップページ | 夏季限定ツーデーパス発売! »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

千本ワラビ・・・じゃなくて、千本ツツジでしたか。
ツツジより、ワラビのほうが多かったでしょ?
でも、数少ない満開のツツジも綺麗で、ばっちりの時期に行かれて羨ましいです。

お早うございます。
日陰名栗峰の南尾根は登りたいと思いつつまだ登っていませんが、結構ヤブですね。ヤブ漕ぎは全然気になりませんので是非行ってみたいと思います。
紅葉の頃も良さそうですよね。

ツツジ、色鮮やかでキレイですね~。
日曜は本当に気持ちのいい天気でしたから、よかったですね。
奥多摩でまだ山菜が取れるんですか!山で山菜を取ったことがない(見たことがない)ので、
そういう体験もちょっとしてみたいです・・・
どのへんにあるんでしょうね?地元の方かしら?
あ、リブルさんは山菜じゃなくて、笹薮でした、お疲れ様でした。

chiyomiさん、こんにちは。
確かにワラビはとってもたくさんありました。
山菜採りの人もいっぱいでした。「ハナイカダがあるんだけどなぁ」なんて話をしている人もいたようです。

ツツジは千本というほどはないようですね。
やはり標高が高いので眺めがいいのがなんといっても良かったです。

フクシアさん、こんにちは。

南尾根は下部は結構きれいです。
最初ヤブが出てきたところはたいしたことないなぁ、と思っていたら、
途中から濃くなって、おいおいという感じでした。
紅葉の頃もよさそうですが、自分のようにバス利用だと赤指尾根とセットは難しそうなので、
この時期にしてみました。降りた時間を考えると、やはり良かったようです。

cyu2さん、こんにちは。

朝は青空がとってもきれいで、5月?と思ったぐらいでしたが、やはり午後は雲が出てしまいました。
でも、久しぶりの好天はやはりいいものですね。
山菜は見掛けるのだけれど、見分けるのも調理も、自信がないので自分も取ったことがありません。
ビニール袋一杯にみなさん取られていました。

この日の峰谷行きのバスは本当に満員でした。千本ツツジに向かう人と鷹ノ巣山に向かう人と別れました。
峰谷からは一度、鷹ノ巣山に登ったことがありますが、なかなかのトレーニングコースです。
雲取山からの縦走も楽しいけれど、一度は石尾根の眺めを楽しみに登ってみてくださいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日陰名栗峰南尾根から千本ツツジ、赤指尾根:

« 日陰本田山と戸倉城山 | トップページ | 夏季限定ツーデーパス発売! »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ