« 芦安温泉 ヘルシーハウス山渓園 | トップページ | 燕岳から餓鬼岳縦走1 »

奥武蔵の滝巡り2(高山不動三滝、黒山三滝)

25日(土)はまた奥武蔵の滝巡りに行ってきました。

2009072501

朝ゆっくり起きたら意外に晴れ間もある天気。それならばと急遽出掛けます。西吾野駅から歩き始めます。

2009072502

歩き始めたらポツポツ雨。高畑川に沿った林道に入り、しばらく歩くと砂防ダムがあります。その先から登山道に入ります。

2009072503

小尾根を乗り越えて大滝へ。歩いていると蒸し暑いですが、ここだけは涼しい感じでした。

2009072504

不動滝に向かいますが、巻き道に入ってしまい、行き過ぎるところでした。戻って草の生えた道を上に上がると不動滝への道標がありますが、これまた草にうまってしまいそうでした。

2009072505

かなりのぼらされた所に不動滝はあります。水量が少ない上に、奥まった岩壁に囲まれた所にあり、さらに奥に空洞があったりするので、雨模様のこの日にはおどろおどろしい場所で、すぐに戻ることにしました。

2009072506

戻り道で本格的に雨が降り出します。カッパも持っていたけど、あまりに蒸し暑いので傘をさして歩きます。白滝は場所が広いせいか、あまり涼しい感じはしませんでした。

2009072507

高山不動へのじぐざぐの登りはそんなに長くはありませんが、雨は降るし、蒸し暑さがひどくて汗がぽたぽたとずっと流れ落ちます。ようやく着いた石段前。

2009072508

久しぶりの高山不動。屋根付きの休憩所があり、有り難く食事にしました。

2009072509

ようやく雨が止み、関八州見晴台へ向かいます。

2009072518

関八州見晴台に到着。周りは雲で何も見えませんでした。

2009072510

花立松ノ峠に向かうと急に晴れてきて、峠に着きます。

2009072511

車道を少し下ると道標があり、そこから黒山三滝に向かう道に入りますが、かなりヤブっぽい道でした。ヤマホタルブクロが咲いていました。

2009072512

晴れたら暑さがさらに倍増。背中にじりじりと日射しが降り注ぎます。

2009072513

沢沿いの道から道路に出て、さらにしばらく下った所から登山道に入ります。黒山三滝までは結構ありました。これは女滝。

2009072514

男滝。雨の後のせいか、水量があるようです。

2009072515

天狗滝は近くまで行けません。行かなかったですが、探勝路で上の方からのぞくことはできるみたいです。

2009072516

入浴しようかどうしようか迷いましたが、早めに帰ろうと思い、素通り。バス停に行くと、5分後にバスがあって、ラッキーでした。

2009072517

今日のお花はヤマユリがきれいでした。

 

|

« 芦安温泉 ヘルシーハウス山渓園 | トップページ | 燕岳から餓鬼岳縦走1 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

関八州見晴台、やはりこの時期の展望は望めませんでしたか。
冬枯れの時期は、360度、それこそ、関八州(どこでしょ?)が見渡せる場所で、結構お気に入りの場所です。

東上閣の温泉に入られたことはありますか?
実母散入りの、出るに出られない気持ちの良い低温です。

投稿: chiyomi | 2009年8月 4日 (火) 22時57分

chiyomiさん、こんにちは。

そうですね。以前にも関八州見晴台には行ったことがありますが、そのときも春霞であまり良くなかったと記録に残っていました。
やはり冬場の見通しがいい時に行ってみたいですね。

黒山鉱泉は実はまだ入浴していないのです。
入ろうかと思うのですが、いつも結構混んでいるし、観光客が多いのでどうも素通りしてしまいます。
実母散という薬は初めて聞きましたが、婦人薬でしたか。どうりで知らない訳ですね。(^^;
男性用にも薬湯あるのかなぁ。どういう効果があるのか試してみたいような、そうでないような。(笑)
ぬるめのお湯は長湯ができていいですね。

投稿: リブル | 2009年8月 5日 (水) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥武蔵の滝巡り2(高山不動三滝、黒山三滝):

« 芦安温泉 ヘルシーハウス山渓園 | トップページ | 燕岳から餓鬼岳縦走1 »