« 仙丈ヶ岳付近のお花達 | トップページ | 奥武蔵の滝巡り2(高山不動三滝、黒山三滝) »

芦安温泉 ヘルシーハウス山渓園

帰りは芦安温泉へ立ち寄ります。いくつか立ち寄り湯がありますが、バス利用者に都合がいいのはこのヘルシーハウス山渓園です。ちなみに自家用車ならば駐車場の近くにも入れる施設があるようです。

広河原から甲府行きのバスはチケットを窓口で買いますが、ここへ立ち寄るならばバスの車内で買うことになっていました。快速バスも目の前のバス停で止めてくれます。

2009071912

入浴料は村外者550円。受付をするとまだ時間も午前中だったので「天気が悪くて山から降りて来たの?」と聞かれてしまいました。前に来た人もおなじだったそうです。あの天気じゃあね。(^^;

お風呂は内湯のみです。ここのお湯は特色はそれほど強くないけれど、お湯がぬるめで好きなんです。南アルプスを歩いてから来るので体が冷えている事が多く、ぬるめのお湯にじっくり浸かると体の芯まで温まります。

それに思ったよりも入っているとしこしこした感じがあり、お湯から出て休憩していると、しっとりすべすべ感がでてきます。あとで泉質を見ると「カルシウム-ナトリウム・硫酸塩泉」となっていました。なるほどカルシウムがあるのでしこしこ感があるのですね。しっとり感はPH9.9のアルカリ度からなのでしょう。前は単純温泉だった気がするのですが、町の共同源泉のようなので、前入った時と使われている源泉が違うのかもしれませんね。

芦安発の路線バスが空いているはずなので、バス停で待っていると、やっぱり雨が降り出します。同じように山から降りてきたザックを抱えた数人と誰も乗っていないバスに乗り込み、甲府駅に向かいました。

« 仙丈ヶ岳付近のお花達 | トップページ | 奥武蔵の滝巡り2(高山不動三滝、黒山三滝) »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芦安温泉 ヘルシーハウス山渓園:

« 仙丈ヶ岳付近のお花達 | トップページ | 奥武蔵の滝巡り2(高山不動三滝、黒山三滝) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ