« 鹿俣山とたんばらラベンダーパーク | トップページ | 地蔵温泉地蔵の湯ゆにーいく »

鹿俣山付近のお花達

そんなに種類は多くはなかったですが、それでもいいお花を見ることができました。

2009070521

久しぶりに見たニガナ。

2009070522

これは葉に特徴があるから、すぐに同定できるかと思ったら、図鑑をひっくり返しても分かりませんでした。ご存じの方がおりましたら教えてください。

2009070523 

アヤメは旬を過ぎた感じかな。低温に当たったのかもしれませんが。

2009070524

トキソウはよく咲いていました。

2009070525

サワランは数が少なくて遠い場所にしかありませんでした。

2009070526

ミズチドリは咲き始めという感じでした。

2009070527

ウラジロヨウラクもなんとか見られました。

« 鹿俣山とたんばらラベンダーパーク | トップページ | 地蔵温泉地蔵の湯ゆにーいく »

お花」カテゴリの記事

コメント

リブルさんおはようございます。沼田からバスがでているんですね、知らなかったもう一度尼ヶ禿山もいかなと地図をみたら、ここだけだと時間が短いので鹿俣山にしようかと考えています。
不明の花はバラ科 コバノフユイチゴ 草本の図鑑では載っていませんね、湿原の花といい、奥多摩や高尾周辺で見られない花に会うとうれしくなります。

takigoyamaさん、こんにちは。

バスは期間限定ですので、ぜひどうぞ。
天気がもう少し良ければ尼ヶ禿山もと思いましたが、今度にとっておきました。

なるほど樹のお花なんですか。
どうりで草花の図鑑にはなかったのですね。
やはり樹のお花の図鑑も必要なのかなぁ。
財布と相談しなくては。(^^;

お花情報、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿俣山付近のお花達:

« 鹿俣山とたんばらラベンダーパーク | トップページ | 地蔵温泉地蔵の湯ゆにーいく »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ